ダ・ヴィンチ - ワラウ

『サザエさん』のタラちゃんには実は妹がいる!気になるその名前とは?/毎日雑学

2020年7月1日

  •  身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!


     この雑学では、サザエさんに登場するキャラクターであるタラちゃんの妹と、サザエさんの10年後、20年後、30年後について解説します。


     国民的漫画・アニメであるサザエさんは日本人であれば知らない人はいないぐらい、人気の作品ですよね。


     日曜日の夕方から放送されることから、翌日からまた通学や仕事をしなければいけない…といった気持ちになる、サザエさん症候群という言葉まで登場しました。


     そんなサザエさんですが、実はあまり知られていない事実があります。


     かなり昔の連載になりますが、当時の連載にはサザエさん10年後というコーナーがあり、現在公開されている家系図に存在しないはずの、タラちゃんの妹が描かれていたのです。


     作者の長谷川町子さんのお話によると、10年後だけではなく30年後ぐらいまでの磯野家の構想があったようですね!


    【タラちゃんの妹、その名もヒトデちゃん! 】


     タラちゃんの妹についてですが、ヒトデちゃんという名前のようです。


     それではヒトデちゃんはどのような女の子なのでしょうか?


     ヒトデちゃんはサザエさんの10年後を描いた漫画に登場しています。


     10年後の世界でヒトデちゃんは子供らしく元気に走り回っている様子が描かれており、隣にいるマスオさんに「これヒトデあぶないよ」と声をかけられています。


     これはあくまで想像になってしまいますが、明るく快活な女の子に見えるため、ヒトデちゃんはサザエさん似で産まれてきたのではないでしょうか?


     ちなみにwikipediaでは以下のように解説されています。


     [フグ田ヒトデ(フグた ヒトデ) ] サザエとマスオの第2子。外見はワカメと似ているが、なぜか王冠らしき物をかぶっている。原作・アニメともに一切登場しないが、長谷川町子によって描かれた「サザエさん一家の未来予想図」という漫画のみに登場する。この漫画は、1954年(昭和29年)に文藝春秋により出版された『漫画読本』に収録されており、サザエさん一家の10年後という内容である。『サザエさん一家がひとなみに年をとっていたら…』には年を取った一家とカツオとワカメの新しい家族の姿が描かれているのだが、この中にヒトデは存在しない。ワンピースを着ていることから、妹であるという説が有力であるが、小さなコマでのみの登場のため、実際の性別は不明である。

    続きを読む