ダ・ヴィンチ - ワラウ

帰国子女でなく留学経験もない地方の普通の女子高生が、海外のトップ大学に合格できたワケ

2020年6月9日

  • 『あたらしい高校生 海外のトップ大学に合格した、日本の普通の女子高生の話』(山本つぼみ/IBCパブリッシング)

     教育界では長年の議論だった9月入学が、コロナ禍で広く注目されることとなった。人口減と内需減が避けられない見通しである日本では、海外で活躍できるグローバル人材の輩出に向けて、教育改革が進められてきた。海外大学では、言わずもがなグローバルの素養が磨かれる。9月入学のメリットのひとつは、海外大学の入学と時期が合うことだ。


     グローバル人材になることは、これからの子どもたちにとって、幸せになるための有効な手段だといえる。9月入学議論の沸騰で、わが子の選択肢として興味をもった家庭があるはずだ。


    『あたらしい高校生 海外のトップ大学に合格した、日本の普通の女子高生の話』(山本つぼみ/IBCパブリッシング)を開いてみよう。本書は、「地方公立高校」「留学経験ゼロ」「苦手科目は英語」、いわば“普通”の女子高校生自身が、塾通いをせず、独学と学校の先生のサポートによって米最難関「ミネルバ大学」を含めた日米豪のトップ大学に合格するまでの軌跡と大学での生活について、等身大の言葉で描いている。海外大学に合格するためのヒントが見えてくるはずだ。


     アメリカの入試システムは「総合人物評価」であり、日本のシステムと大きく異なる。つまり、一発試験で決まるのではない。高校3年間の成績や課外活動、エッセイ、推薦状など、さまざまな要素が総合的に評価され、最終的に合否が決まる。


     とはいえ、当然ながら難関大学、しかも海外のトップ大学に合格することは、たやすくない。本書によれば、一般的に、海外の大学に出願するときは、合格する可能性が低い「ドリーム校」、五分五分の「実力校」、滑り止めの「安全校」の3つのカテゴリーから、それぞれ2~3校ずつ出願するもの。親も情報収集を手伝って、出願校を相談すると良さそうだ。


     著者は最終的に、出願したアメリカの大学17校のうち、世界最難関大学と呼ばれるミネルバ大学を含む6校に合格した。しかし、一時期は、自信のなさからランクの低い大学を検討したという。そのとき、叱咤激励したのが、周囲の大人だ。著者は、恩師に絞り込んだ出願校リストを見せたとき、こう言われたそうだ。

    続きを読む