ダ・ヴィンチ - ワラウ

「逃げるは恥だが役に立つ」ってどういう意味? ことわざから見える世界中の悩み

2020年6月16日

  • 『まんが アフリカ少年が見つけた 世界のことわざ大集合 星野ルネのワンダフル・ワールド・ワーズ!』(星野ルネ/集英社)

     世界には、様々なことわざがある。たとえば「逃げるは恥だが役に立つ」。新垣結衣、星野源の主演でドラマ化された大人気漫画のタイトルとしておなじみだが、元々はハンガリーのことわざで「恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切」という意味だそうだ。そんなことわざがあるなんて知らなかったという人も多いだろう。世界には、きっと私たちの知らないことわざがまだまだたくさんあるに違いない。


    『まんが アフリカ少年が見つけた 世界のことわざ大集合 星野ルネのワンダフル・ワールド・ワーズ!』(集英社)は、アフリカ生まれで日本育ちの漫画家・星野ルネ氏が、世界各国のことわざを教えてくれるコミックエッセイだ。この本を読めば、ことわざから世界が見えてくる。早速いくつか世界のことわざをご紹介するとしよう。


     世界には似た意味のことわざがたくさんあるらしい。たとえば、日本では、指示する人が多くて物事がまとまらないことを「船頭多くして船山に上る」というが、これと似たことわざは世界各国にあるという。


     ドイツでは、同じ意味で「医者が3人いるよりはむしろいない方が安全だ」という言葉があり、イギリス・フランス・ポルトガルなどでは「料理人が多すぎるとスープがまずくなる」、インドでは「僧多くして寺廃れる」というのだそうだ。


     世界には、それだけ物事のイニシアチブを取りたがる人がいるということなのだろうか。似たように、誰かがやるだろうと思って、物事が進まないことを表す言葉として、「炊事女が6人いるところに食べるものはない」(ポーランド)、「家に主婦が2人いると埃が膝まで溜まる」(イラン)というものもある。人がただ集まっただけでは物事は進まない。同じような状況を表すことわざがこんなにも多いということは、どこの国でも似たようなシチュエーションに陥ったことがあるということなのだろう。

    続きを読む