ダ・ヴィンチ - ワラウ

おにぎり界の新星、“台湾オニギリ(ファントゥアン)”! どこをかじっても具たっぷり。ついつい食べすぎる、無限のおいしさ!

2020年6月15日

  • 『台湾オニギリ』(山脇りこ/主婦の友社)

     台湾を代表する朝ごはんのひとつ、ファントゥアン。


     ファントゥアンとは、具だくさんのごはん巻きで台湾人が愛するローカルフードだ。


     日本のおにぎりとは違い、具の種類が豊富。油條(ヨウティヤオ)と呼ばれる揚げパンや、豚のでんぶの肉鬆(ローソン)、漬け物、味付け卵などが定番の具材である。


     ひと口かじれば、お米のモチモチ感や詰め込んだ具の食感、甘辛味や塩味など、全部が混ざって、すぐにまた口に運びたくなるやみつきのおいしさだ!


     そんな台湾ファントゥアンを日本版にアレンジした「台湾オニギリ」の楽しいレシピが詰まっているのが『台湾オニギリ』(主婦の友社)だ。台湾各地を食べ歩き、台北での料理教室など日台をつなぐイベントを開催するほど、台湾を愛する料理家・山脇りこ氏が考案した。


     巻く楽しさ、食べたときの感動、見た目の可愛さと三拍子そろった台湾オニギリは、次なるオニギリブームを巻き起こすこと間違いないだろう。



     クッキングシートとちょっとしたコツで、簡単に巻ける台湾オニギリ。


    1. クッキングシートにごはんを広げる
    2. 両端をあけて具をのせる!
    3. ごはん同士をくっつけて巻いてクッキングシートの両端を「キュッ」と結ぶ


     この3ステップが基本の作り方。


     あとは、自分なりの好みの具材を入れてオリジナルを楽しむこともできる。



     台湾オニギリは、チーズ、漬け物、缶詰など、家によくある食材を自由に組み合わせてできる、という楽しさがある。


     こちらはゆで卵とアボカドを、みじん切りにしたブラックオリーブ、ヨーグルト、マヨネーズをあわせたソースと一緒に巻いた「ミモザサラダ巻き」。女子が好きなヘルシーな台湾オニギリだ。



     ピーマンやゴーヤなど野菜をたっぷり巻けば野菜不足解消にもなるし、揚げ物やお肉をたっぷり巻けば、それ一つで立派なごちそうになる。チーズと漬け物の組み合わせは、お酒のおつまみに合うし、カレー粉や抹茶、ゆかりなどでご飯を色付けして輪切りにして並べれば、見栄えも華やかでホムパにも最適。子どもから大人まで満足でき、どんなシーンにも使える懐の深さが魅力!

    続きを読む