ダ・ヴィンチ - ワラウ

免疫力UPに必要な食物繊維は「3種類」!? 何を食べればいい? 実際に作ってみた

2020年6月13日

  • 『最強!毒出しごはん 3つの食物繊維が毒を排出 免疫力を高める!』(青江誠一郎/河出書房新社)

     新型コロナウイルスの影響で、「免疫力」への注目度が高まっている。しかし、免疫力というのは一朝一夕で高まるものではなく、日頃からきちんとした食生活を送り、適度に動き、睡眠を取ることで保たれるもの。

     中でも食生活は、気を抜くとついつい乱れてしまう。そうならないためには、かかるお金や手間を増やすことなく続けられる「継続しやすい食事術」を学んでおくべきだろう。そこで役に立ちそうなのが、『最強!毒出しごはん 3つの食物繊維が毒を排出 免疫力を高める!』(青江誠一郎/河出書房新社)。


     本書はタイトルにあるとおり、「3つの食物繊維」をうまく取り入れて、体に悪い要素を排出し、免疫力を高めよう…という本。「食物繊維」と聞くと「だいたいのことは知ってる」「野菜を食べろってこと?」と単純に考えがちだが、この本を読めば漠然としていた知識が明確になり、本当に摂るべき食材が見えてくる。


     まず「3つの食物繊維」について。本書によると食物繊維には3種類あり、小腸の入り口付近で毒出しをし、善玉菌のエサになって悪玉菌を抑制する「水溶性食物繊維」、大腸を早く移動しながら毒出しする「不溶性食物繊維」、善玉菌のエサになって悪玉菌を抑制する「レジスタントスターチ」とそれぞれ違った役割を果たしている。



     中でも炭水化物に含まれる特殊なでんぷん「レジスタントスターチ」は今もっとも注目されている食物繊維で、肥満や脂肪肝の改善、糖尿病の予防などさまざまな効力を発揮する。糖質制限食が注目されることで避けられがちな炭水化物だが、実はそのせいで多くの人が食物繊維不足に陥ってしまっている、とも書かれている。


     レジスタントスターチはいったん加熱して冷ますと量が増えるそうで、冷えた状態で食べることで効率よく摂取できる。これからの時期はちょうど冷たい食べ物がおいしくなる季節だ。もちろん摂り過ぎると体に良くないが、今年は適切な量を冷まして食べ、食物繊維を摂ることも心がけたい。

    続きを読む