ダ・ヴィンチ - ワラウ

本当の「頭のよさ」を齋藤孝が解説! 子どもから社会人まで必要な“ものさし”のつくりかた

2020年6月17日

  • 『本当の「頭のよさ」ってなんだろう? 勉強と人生に役立つ、一生使えるものの考え方』(齋藤孝/誠文堂新光社)

     6月に入っていよいよ学校の再開が本格化し、とりあえず親もほっと一息。子どもたちには待ちに待った学校生活を思いっきり楽しんでもらいたいものだ。


     ところでこの休校中、オンライン授業の環境が比較的整っていたご家庭の中には「オンライン授業は悪くなかった。むしろ学校に行くより効率的」と感じた方もいたのではないだろうか。withコロナの社会は普段の「当たり前」を見直す気運が高まるといわれているが、「なにも学校に通学しなくてもいいのでは?」と根本的な疑問を持った方もいるかもしれない。


     テレビでもおなじみの教育学者・齋藤孝さんは著書『本当の「頭のよさ」ってなんだろう? 勉強と人生に役立つ、一生使えるものの考え方』(誠文堂新光社)の中で、そんな疑問にシンプルに答える。曰く、学校とは勉強のために通うところではなく「いろいろな人がいることを知り、人との接し方の練習をする」ための場。育った環境や性格、ものの考え方の違う人が集まっているひとつの「社会」が学校であり、その一員としてなんとかやっていくという経験自体が「社会という場で生きていくための予行練習」になるというのだ。


     確かに学校では普通の授業だけでなく運動会や文化祭といった集団の協働を求めるイベントも多く、その意味では半分納得。でもやっぱり「毎日」であることに疑問は残る。だが齋藤さんは、むしろ「毎日」だからこそ意味があると強調する。「毎日、ほかの人にかかわりに行く」ことが練習になり「慣れる」ことができるし、それが人との距離の取り方といった「社会で生きていくコツ」につながっていくというのだ。


     なのでちょっとしんどくても、それを乗り切ることも「課題」のひとつ。なんだか面白くなければ「ただ毎日そこにいる」だけでもいいし、イヤだと嘆きたくなったら「静かにやり過ごす」ことを覚えるといい(もちろん最悪の時には脱出してよし。絶対に出口はある)。消極的にも思えるアドバイスだが、だからこそリアリティがないだろうか。

    続きを読む