ダ・ヴィンチ - ワラウ

発売前の製品に触れて感動しがち/SE女子の日常

2020年7月1日

  •  発売前の製品に開発実機として触れられるのは、システムエンジニアの楽しみの一つ。元エンジニアの漫画家・ぞえさんも、開発前の製品にワクワクした経験を持つ一人です。そんなSE女子の日常をご紹介します。


    発売前の製品に触れて感動しがち/SE女子の日常

     私は会社員のころ、システムエンジニアとしてとあるメーカーのAndroidスマートフォン開発に携わっていました。


     スマートフォンの開発ということは、発売前にスマートフォンの新しい機種に触れることができるのです。


     単なるユーザーであれば発売後でしか触れられない製品に、発売前に存分に触れることができるのです!


     もちろん遊びではなく開発者として触れるわけで、何でも好き放題にできるわけではありませんが、自分の担当機能の動作確認ついでに気になっていた新機能を触ってみたりはできるわけです。


     「そういえば今回の機種から、こんな機能が追加されたらしい」  「今回の機種はこんなコンセプトなのか」


     など、自分の目で見て触ってじっくり確かめることができるのです。


    発売前の製品に触れて感動しがち/SE女子の日常
    絵:ぞえ

     会社に入社したての新人のころは、つい最近まではいちユーザーであったわけです。


     いちユーザーであった自分が憧れの携帯電話を開発している、という状況に実感が湧かず、目の前の仕事をこなすのに精一杯でした。


     私が当時使っていた携帯電話は、QWERTYキーがついているガラケーでした。携帯電話本体をカシャっとスライドさせると、パソコンのキーボードのようなキーが出てくるタイプです。


     ガジェット好きなら当時気になった方も多いのではないでしょうか。私もその中の一人でした。


     そんなちょっとマニアックな携帯電話を使っていると、ある日、先輩から「その製品の開発大変だったな〜」なんて話を聞きました。


     そこでようやく、「私は発売前の製品を開発しているんだ。仕事で触るこれらは、これから市場に出ていくものなんだ」と実感したのです。


     買わないと使えないようなスマートフォンの付属品を使うことができるのも楽しかったです。

    続きを読む