ダ・ヴィンチ - ワラウ

つんく♂がZoomで子育ての悩みを解決!?  絵本『ねぇ、ママ?僕のお願い!』発売にあわせオンラインイベントを開催!

2020年6月17日

  • ©つんく♂・なかがわみさこ/双葉社

     「シャ乱Q」としての活躍や「モーニング娘。」のプロデュースなどで知られるつんく♂が、自身にとって初となる絵本『ねぇ、ママ?僕のお願い!』を刊行。同書の発売を記念して、オンライン会議を利用したイベント「もうすぐパパの日!~パパとママのいいわけ!!スペシャル~(仮)」が2020年6月19日(金)に開催される。


    『ねぇ、ママ?僕のお願い!』はつんく♂とイラストレーター・なかがわみさこがタッグを組んだ作品。やさしいタッチのイラストによって描かれるのは、母と子どもの心温まるストーリーだ。ある日、ボクは「買い物に行きたいんだ」とママにお願いする。そこでママに「今日は忙しいからダメ」と頭ごなしに拒否されたボクは、大泣きしてしまうことに。しかしボクが本当の計画を打ち明けると、ママは……。


    『ねぇ、ママ?僕のお願い!』(詩:つんく♂、絵:なかがわみさこ/双葉社) ©つんく♂・なかがわみさこ/双葉社

     つんく♂は絵本の発売前に、YouTube上で作品に声をあてた「絵本動画」を無料公開。子育て世代から感動と共感を呼び、大きな話題になっていた。そして動画に寄せられた子育てエピソードや老若男女からの声に触れる中で、つんく♂は「子育て」についてさまざまな想いを募らせた様子。担当編集に対して「子育て話(苦労話!?笑)を上手にみんなで分かちあったり共有して楽しくやれたらええのにね」と相談し、店頭やイベントスペースでのプロモーションができない代わりに「ZOOM(もしくはSNS)とか使って「子育てあるある」トークイベントとか出来ないかな?」と提案した。


     また子育て応援企画というコンセプトから、「俺も双葉社も本の売上げから一部寄付しつつ楽しく子育てエピソードを分かちあえたらよくない?」というアイデアも飛び出すことに。つんく♂が発案した企画の趣旨に出版社も賛同し、印税と売上げの一部を子育て支援団体に寄付することが決まったという。

    続きを読む