ダ・ヴィンチ - ワラウ

新型コロナにかからないようにするには? ウイルスと共存するニューノーマル時代を生き抜く賢い行動

2020年6月21日

  • 『どうする!? 新型コロナ』(岡田晴恵/岩波書店)

     新型コロナウイルス感染症COVID-19が、2019年12月に中国で最初に確認されてから約半年。新しい生活様式やニューノーマルな働き方が推奨され、コロナと共存するステージに移行したことを少しずつ実感させられるような日々が始まっている。
     
     私たちはこれからどのように振る舞い、対策していけばいいのか。そのヒントがつまっているのが、『どうする!? 新型コロナ』(岡田晴恵/岩波書店)だ。著者は感染免疫学やワクチン学を専門とする、白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授。新型コロナウイルス感染症の基本的な予防法から自分や家族がかかったときの自宅療養時の対応まで、ウイルス学の専門家や臨床医からも情報を得て簡潔に解説されている。中でも改めて押さえておきたい、基本的な項目をご紹介してみたい。


    A.1 大きく、飛沫感染と接触感染が考えられます。
     
    新型コロナにかかった人の咳・くしゃみ・鼻水などの飛沫から出た新型コロナウイルスが、直接、目・鼻・口の粘膜につくことで感染します。これを飛沫感染といいます。
     
    感染者が、ウイルスのついた手で触ったところには、ウイルスが付着します。ほかの人がそこを触り、その手で目・鼻・口に触れると粘膜について感染します。これが接触感染です。


     さらに、空間中にウイルスを含んだごく小さな飛沫が漂う“エアロゾル”状態も感染の原因に。たとえば閉鎖空間は空気が停留するため、飛沫よりも小さいエアロゾルやマイクロ飛沫の状態でウイルスが漂っている場合があり、それを吸い込むことで感染する場合もあるとのことなので注意したい。


    A.2 感染から身を守るには、(1)人混みを避ける、(2)手洗いが基本です。(3)マスクとメガネの着用、(4)喉の粘膜を守るうえでの適度な保湿(50~60%)と、さらに空間のウイルス濃度を低減させる目的での積極的な室内の換気も有効です。

    続きを読む