ダ・ヴィンチ - ワラウ

メンタルが強い人は身につけている。自分の感情と向き合い、コントロールする方法/1分自己肯定感②

2020年7月1日

  • 成功者は日々、自己肯定感のメンテナンスを行い、試行錯誤しながら失敗を成功につなげるサイクルをつくっているもの。毎日1分、自己肯定感を高めるメソッドを実践すれば、あなたもきっと「なりたい自分」に近づけます!


    『1分自己肯定感 一瞬でメンタルが強くなる33のメソッド』(中島輝/マガジンハウス)

     私たちの感情は大きく2つに分けることができます。


    ◆ポジティブな感情―喜び・うれしさ・楽しさ・期待・感動など
    ◆ネガティブな感情―怒り・不満・憂うつ・くやしさ・不安など


     基本的に私たちは、ポジティブとネガティブのあいだを行ったり来たりしながら生きています。その感情の動きは、スイッチのオン・オフのようにパチッと切り替わるものではありません。ネガティブな感情から一気にポジティブな感情に転じることはなく、ゆるやかにフラットな状態に向かってから移り変わっていきます。


     めちゃくちゃハッピーな出来事(たとえば、ボーナスが多めに出たり、好きな人に告白しておつき合いができることになったときなど)があった日に、「さあて、今から腹が立つ奴をつかまえて文句を言ってやろうかな」という人はいませんね。


     通勤電車で誰かと肩が触れ、「ちっ」と舌打ちしてしまうとき、前を走る車がトロトロしているように思えて不愉快になるときなどは、それ以前からある程度、感情がネガティブに傾いていたはずです。


     逆に感情がポジティブに向いているときは、多少不快な出来事が起こっても「ま、しょうがないか」と余裕をもって考えられますし、普段なら気にも留めない空の色に喜びを感じたり、人にやさしく接したり、隣人のいいところに気づいたりできます。


     こうした感情の動きそのもの(原理原則)は、どの人も変わりません。


     でも、うまくいっている人はいつも落ち着いていて、余裕があるようですね?


     感情的にならず、人に当たり散らすようなこともなく、周囲を盛り立てるようなコミュニケーション力を発揮しているように見えます。

    続きを読む