ダ・ヴィンチ - ワラウ

近所で「東京さんぽ図鑑」キーワード探しをどうぞ『散歩の達人』編集長コラム

2020年6月20日

  • 『散歩の達人』7月号(交通新聞社)

     こんにちは。散歩の達人編集長の土屋です。


     自粛が続いたこの数カ月。お出かけができず、お店や施設などに行けなかったこと以上に、通勤や仕事、休日の過ごし方、ものの見方や価値観までウイルス禍で大きく変えられてしまった気がします。気持ちがどうしても内向きになってしまい、今まで当たり前に通って見て、食べていた東京らしい風景や味を忘れてしまった方もいるのでは? そんな状況だからこそ、我々は読者の皆さんに身近な東京の魅力に改めて目を向けてもらい、「東京はこんなに楽しいところだった」ということを再認識してもらいたいと考えました。7月号では「東京さんぽ図鑑」を題し、これを知っておけば東京をもっと楽しめるキーワードをビジュアルメインでまとめた図鑑的な特集をお届けします。


     キーワードの数は全部で88個。大きく10カテゴリー「街のお店」「東京の味」「街並み・建築」「東京的風景」「カルチャー・レジャー」「特殊な街」「巨大な人工物」「東京の自然」「民間信仰」「祭りと市」に分けつつ、キーワードをずらり並べています。例えば「街のお店」カテゴリーだったら「東京喫茶」「定食屋」「立ち飲み」「バー」、「東京の味」カテゴリーだったら「東京ラーメン」「たい焼き」「もんじゃ」などなど。これらのキーワード、それぞれは特定の店や場所で撮影していますが、じつはできる限り読者の皆さんの身近にある、汎用性の高いものとして取り上げています。


     そこで今回のコラムでは、このキーワードが都心に限らず、どこの街にもあるということを、世田谷区西端の私の家の近所で歩いて実証してみます。本誌の特集ではキーワードは88でしたが、紙数の制限もあり、8個のキーワードに挑戦。


     まず思い浮かんだキーワードが「池」(10カテゴリーの中では「東京の自然」)。近くに烏山寺町があり、その一番北に「烏山の鴨池」と呼ばれる池があります。ここももともと湧水が出ていて、目黒川の源泉のひとつでもあるところで、高源院が移転してきたときに池として拡幅されました。冬になるとカモが飛来することで「鴨池」と呼ばれるようになったとか。「せたがや百景」にも選ばれ、地域の人に親しまれています。これからの季節はハスが美しいので、ぜひ早朝散策にどうぞ。

    続きを読む