ダ・ヴィンチ - ワラウ

withコロナの世界でかわる「結婚式」とは? 『ゼクシィ』編集長に聞いた!

2020年6月23日


  •  コロナ禍が変化をもたらしているもののひとつが、恋愛・結婚事情だ。「こんな人だったんだ…」と良くも悪くも相手の本質的な部分が見えて、旦那候補の見極めがしやすくなったり、これまで予想もしなかった生活下で、ひょんなことから電撃交際につながったりと、“コロナ婚”も話題になった。一方で、泣く泣く結婚式を延期、あるいは断念したカップルも少なくない。はたしてwithコロナの世界で「結婚式」はどう変化していくのだろう。『ゼクシィ』の平山彩子編集長にウエディング業界の最新事情を聞いた。



    ――コロナを受けて『ゼクシィ』ではどんな動きがありましたか?


    平山彩子編集長(以下、平山) 3月の初めくらいから「結婚式延期」を考える方が増え、我々も状況の変化を耳にするようになりました。その時点ではまだ「オリンピックの前くらいには収束するのでは」と考える方も多かったですし、今考えれば私たちことの深刻さを捉えきれていなかったように思います。その後一気に状況が変わり、延期するにも時期や対策などまるでわからない事態になり、『ゼクシィ』として少しでもお役にたてるようネットを中心に情報発信していくことになりました。


     一方で私自身は雑誌版の編集長をしているので、正直無力さを感じていましたね。記事の制作時点と発売時点(4/22)では感染状況にもタイムラグがあって、こういうときに紙メディアにできることは何なのか迷うことだらけで。なんとか「新郎新婦に悩んでいるその気持ちもを含めて、寄り添いたいと思っている」という想いだけでも伝えたいと、最後の最後に表紙とCMと中吊り広告に「どんなときでもゼクシィは結婚を決めたふたりを心から応援しています。」とメッセージを追記しました。それがコロナを受けての一歩目です。


     それから「相談カウンター」をオンラインでもできるように整備したり、多くの方が直面するお悩みに答える記事を作ったり。微力ではありますが、私たちのスタンスを明らかにして、無責任にならないようにやれることを一歩ずつやっている感じです。

    続きを読む