ダ・ヴィンチ - ワラウ

自粛警察が意気揚々としている理由。現代にも蔓延するファシズムの「気持ち良さ」の正体は?

2020年6月20日

  • 『ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか』(田野大輔/大月書店)

     ファシズムというと、20世紀前半にユダヤ人を大量虐殺し、第二次世界大戦の惨禍を引き起こしたヒトラーのナチス・ドイツを思い起こす人が多いかもしれない。だが、共産政権時代のソ連や戦前の日本などがファシズム国家と呼ばれることもあるように、ファシズムという言葉の定義は、専門家によってもバラバラだ。それでも大くくりにいえば、ファシズムとは「個人よりも国家全体が優先される」社会・政治思想ということができるだろう。
     
     そして、現実社会においてのファシズムは、なんらかの「正義」を掲げ、「敵」を設定し、それを集団で攻撃するという形で表れる。そういう意味では、ファシズムはけっして過去のものではないのだ。複雑な現実を単純化し、わかりやすい敵に責任を転嫁するのが特徴的なアメリカのトランプ政権や、移民排斥を訴えるヨーロッパの右派政党など、現代のポピュリズム政治にもファシズム的要素は濃厚にあるといえるだろう。また、政治の世界だけではなく、私たちの生活に身近な、いじめやヘイトスピーチ、ネット上のリンチなどにもファシズム的要素を見ることができる。
     
     ところで、ファシズムと聞くと、強力な独裁者が国民の意志を無視して強制するものというイメージをもつかもしれない。しかし、ヒトラーの独裁政権はドイツ国民の圧倒的な支持のもとに成立したというのは有名な話だ。多くのドイツ国民がユダヤ人虐殺政策も含めてファシズムを歓迎し、望んだのである。ちなみに、戦前の日本にはカリスマ的独裁者はいなかったが、国民同士による相互監視の同調圧力によってファシズム的な体制が成立していた。
     
     では、なぜ人々はファシズムに引き込まれ、積極的に参加してしまうのか? その疑問を深く考察するのが、『ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか』(田野大輔/大月書店)だ。著者はドイツ近代史が専門で、とくにナチス時代のドイツを研究対象にしている歴史社会学者である。『愛と欲望のナチズム』や『魅惑する帝国 政治の美学化とナチズム』など、ナチス・ドイツに関する著作も多い。

    続きを読む