ダ・ヴィンチ - ワラウ

13人の人格をもつ非日常的な日常。交代人格と“自分”を分かつ解離性同一性障害とは?

2020年6月21日

  • 『ぼくが13人の人生を生きるには身体がたりない。 解離性同一性障害の非日常な日常』(haru/河出書房新社)

    「解離性同一性障害」と聞くと、映画やドラマなどフィクションの世界で描かれるような“突然性格が豹変する人”を思い浮かべるかもしれない。しかし、『ぼくが13人の人生を生きるには身体がたりない。 解離性同一性障害の非日常な日常』(haru/河出書房新社)を手にすると、その認識が間違いであることに気づくだろう。本書は交代人格が語り手となりharuさんの日常を紹介する、非常に奥深い1冊だ。
     

    18歳で「解離性同一性障害」と診断されて…

     埼玉県にある「放課後等デイサービス」の会社で保育士をしているharuさんは、生まれもった「女性」という性に違和感を抱いており、16歳の時に性同一性障害と診断された。そして、18歳の時には解離性同一性障害であることも判明したという。
     
     小さい頃から頭の中で誰かの声が聞こえていたり、自分が経験したはずの記憶がなかったりしたことをharuさん自身ずっと不思議に思っていたが、診断が下るまでは「自分の中に複数の人格がいる」という事実に強く反発していたという。だが、医師から「交代人格は君を支えるために生まれてきた」という言葉をかけてもらったおかげで、障害を受容できるように。
     
     21歳の頃には発達障害(ADHD)であることも分かったが、それまで感じてきた生きづらさが可視化されたため、以前よりも穏やかな日常が送れるようになったという。


     交代人格は自分の得意とするシチュエーションで現れるため、haruさんが出ずっぱりになることはないのだそう。フィクションの世界とは違い、交代人格はharuさんを演じ、周囲に人格が変わっていることを気づかれないようにしている。


     また、交代人格間では記憶が共有されるが、haruさんの記憶は完全に消され連続性がないので、“自分を生きている感覚”をもつことが難しい。たとえば恋人と別れた記憶すらも忘れてしまう自分は本当に自分の人生を生きてきたのだろうか――そう悩み、自殺願望をずっと抱えながら刹那的に生きてきた。

    続きを読む