ダ・ヴィンチ - ワラウ

本来の肌力を強化! たどり着いたのは、シンプルなケアでいいという結論/肌が乾くクセを全部やめてみた。①

2020年7月1日

  • 化粧ノリが悪い、肌がゴワつく、肌がゆらぐ…。そんな肌悩みを解決! 「sweet」「mina」などで活躍するモデル・野崎萌香が、肌を乾燥させる習慣を取り除いて美肌になる「湿活美容」の方法を解説します。


    『肌が乾くクセを全部やめてみた。』(野崎萌香/ワニブックス)


     もともと肌が弱く、乾燥や生活習慣が影響しやすい“ゆらぎ肌”。加えて、金属アレルギーで、髪を染めると首の後ろがただれてしまうことも。私は、こうした肌トラブルと常に向き合ってきました。


     また、モデルという仕事柄、ビューティ雑誌で1日3企画を撮影することも珍しくなく、メイクチェンジの回数は20回を超える日も。塗って、落として、また塗って……の繰り返しで、もともと荒れやすい私の肌は、より一層トラブルを抱えやすくなり、基礎肌力はどんどん落ちていく一方でした。


     口コミで人気の商品や高価な化粧品に頼ってみても、なかなか満足のいく効果は得られず、合わないケアで、顔にぶつぶつと吹き出物ができたり、メイクさんの筆でアレルギーが出てしまったり……。


     鏡の前に立つたびに、自分の肌に触れるたびに、どんなケアをすればいいのか悩む日々。健康な肌を基礎から作っていくことの難しさを感じていました。


     色々な方法を試してきた私ですが、最終的にたどり着いたのは、“肌がゆらいでいる時こそ、シンプルなケアでいい”という結論。


     強い効果があると言われるパワフルなものを塗り重ねることは、実は弱った肌に負担をかけているかもしれない。そう感じて思い切ってはじめてみたのが、化粧水オンリーのケア。


     毎日繰り返すメイクや、仕事で不規則になリがちな生活の中で、どうしても体調が顕著に出てしまう私の肌は、本来の肌力を強化することが必要だったのです。


     肌荒れの際に、この方法を実践するようになって10年。今では、さまざまな原因で肌荒れしても、このケアに戻れば肌の健康を取り戻せるので、怖がらずに対処できています。

    続きを読む