ダ・ヴィンチ - ワラウ

欠けた刃物をリンチで使う“理由”が恐ろしい。元ヤクザYouTuberが赤裸々に語る極道事情

2020年6月22日

  • 『塀の中の元極道YouTuberが明かす ヤクザの裏知識』(懲役太郎/宝島社)

    「前科三犯、893番、懲役太郎です」この冒頭あいさつがおなじみの懲役太郎氏は、「元ヤクザ」という経歴を活かし、キャラクターを用いたバーチャルYouTuberとして大活躍中。日々リアルな裏社会の話を視聴者に届けている。
     
     そんな彼が手掛けた『塀の中の元極道YouTuberが明かす ヤクザの裏知識』(懲役太郎/宝島社)には、貪り読みたくなるような中毒性が。頭にこびりつくほど生々しい、46の“タブー”が綴られている。

    「戦慄×爆笑」のヤクザ業界の実情

     東京と関西の間にある片田舎で生まれたという懲役太郎氏は、親に愛されながら育った。人生に転機が訪れたのは18歳の頃。当時交際していた彼女の姉がヤクザの親分の姐さんだったことを機に、関わり合いをもち、ヤクザとしての人生を歩み始める。組織内では“中の上”まで上り詰めたというから、手腕は相当なものだっただろう。
     
     しかしやがて、ヤクザには破滅の道しか残されていないのではと気づき、組織から逃亡する。カタギに戻り、バーチャル刑務所に服役中という設定で裏社会の知識をYouTubeで配信するようになった。
     
     本書に掲載されているエピソードは、どれも刺激的だ。なかでも背筋が寒くなったのは、懲役太郎氏が怖いと思いながらも当時憧れていた、あるヤクザの話。そのヤクザは事務所にあえて“切れない錆だらけのナタ”を置き、それでリンチを行っていた。理由は、刃が欠けて切れないナタであれば殺す気がなかったとみなされ、殺人罪には至らないだろうと考えたから。
     また、自分の女に手を出した一般男性には、死よりも苦しいリンチを決行。素手で引きちぎった相手の睾丸を口の中に入れ家に帰したそうだ…。


    “「こうしたら、チンコロ(密告)されんから。殺すと事件になるし、処理もめんどくさいからな。殺すのは簡単よ。でも、生かしておかないといけない」”

    続きを読む