ダ・ヴィンチ - ワラウ

警察にそんな部署が!? 愛しき生きものを犯罪から守る「警視庁 生きものがかり」の実態

2020年6月23日

  •  警視庁には、希少動植物の密売などを取り締まる「生きものがかり」という専門部署が存在する(「生きものがかり」の正式名称は別にある)。


     この生きものがかりを立ち上げた「動物のお巡りさん」こそ、現役警察官の福原秀一郎さんだ。生き物が大好きで、自宅でカメを大量に飼っているらしい。


     福原さんが生きものがかりとして、「レッサーパンダを動物園から盗んで密売した犯人はどこのどいつだぁ!」と闘い始めたとき、警視庁内部からこんな陰口がもれた。


    「動物の事件に関わる捜査など警察のする仕事か」


     警察の花形は、殺しの捜査や薬物事犯者の逮捕。人間と言葉を交わすことのできない動植物を相手に、一生懸命になって何の意味があるのか。福原さんの奮闘を冷ややかに見る同僚もいた。


     しかし日の当たらない部署でも福原さんはコツコツと活動を続ける。そして今では「警察功労彰」や「警視総監特別賞」を授与され、希少野生動植物密売捜査において全国で唯一、警視庁察指定広域技能指導官に指定された。


    警視庁 生きものがかり』(福原秀一郎/講談社)は、そんな生きものがかり事件簿と福原さんの刑事魂の軌跡を描く。その模様を少しだけご紹介したい。


     麻薬を密売する犯罪者が独自の仕入れルートを築くように、希少動物を密売して儲ける犯罪者も独自の仕入れルートを築く。今から約15年前、ペット業界に亀山(仮名)という業界の頂点に君臨する男がいた。ところが裏で希少動物の密売に手を染めており、関西ルートと呼ばれる密輸ネットワークにも関わっていた。業界トップのくせに、風上にも置けないやつだ。


     福原さんはこの関西ルートを壊滅するべく、亀山の逮捕に乗り出す。立件する事件は、世界で一番美しいとされる希少なカメ「ホウシャガメ」を違法に販売した罪だ。


     この事件は少々難しいので、詳細は本書に譲りたい。ポイントは、この亀山が大変な知能犯で、福原さんを非常に手こずらせたこと。ホウシャガメは希少な種なので、環境省に登録しなければならない。そのため輸入や繁殖が煩雑になる。そこで密売者たちは、このカメを密輸してマニアたちに50万円くらいで売りさばく楽ちんな方法を選ぶ。ところが業界トップの亀山は別の方法を思いついた。

    続きを読む