ダ・ヴィンチ - ワラウ

父がYouTuberを目指した背景を知ってはじめて分かる家族愛と友情…。『AI崩壊』ノベライズの著者が描く、泣ける家族小説!

2020年7月27日


  • 『お父さんはユーチューバー』(双葉社/浜口倫太郎)

    「子供の将来なりたい職業」の上位に入ることが多い一方、「子どもになってほしくない職業」のアンケートでも1位になったことのあるYouTuber。圧倒的な成功者がいる一方で路頭に迷う人も多く、今もっとも毀誉褒貶が激しい職業といえるだろう。


     なお、「子供は自分の就きたい仕事に就けばいい」と思う人でも、「自分の親がYouTuberになると言ったらどうする?」と聞けば、まず「イヤ!絶対にイヤ!!」と言うだろう。『お父さんはユーチューバー』(双葉社/浜口倫太郎)は、そんな時代の空気を捉えた家族小説だ。


     舞台となるのは宮古島。主人公の海香は小学五年生の女の子で、将来は東京の美大に入りたいと思っている。しかし、ゲストハウス「ゆいまーる」を営む父親の勇吾にはカネがない。「内地ではフクロウカフェが流行っているから、うちはアリクイカフェをやろう」などと突飛な儲けのアイデアを出したりするが、基本的には失敗続きである。


     そんな勇吾だからこそ、YouTuberが儲かる職業と知ったら、「俺はYouTuberになる!」と言い出しそうなのだが、この小説では実際に言い出す。そして、やる気満々で公開した動画の視聴数は……、これから読む人のために秘密にしたいが、大方お察しのとおりだ。


     だが、この小説『お父さんはユーチューバー』は、ここからが面白いのだ。


     まずこの小説では、実在の超有名YouTuberと1文字違いの「ヒカリン」というYouTuberが登場。そして、「成功するYouTuberは遊んで稼いでいるように見えて寝る間を惜しんで努力している」、「YouTuberとして失敗する人はYou Tubeを子供だましだと舐めてかかっている」といった実情が語られる。


     つまり、YouTuberをネタにしている小説ではなく、その影にある努力に光を当てる小説なのだ。「YouTuberの良い点は、失敗がたくさんできるということ。失敗を恐れて何もしないことのほうがダメなんだよ」といったセリフには、ドキッとさせられるだろう。

    続きを読む