ダ・ヴィンチ - ワラウ

感染症を正しく知って正しく怖がろう! ウイルス・細菌・寄生虫を病理医が語る

2020年6月28日

  • 『感染症大全 病理医だけが知っているウイルス・細菌・寄生虫のはなし』(堤 寛/飛鳥新社)

     新型コロナウイルスの影響により、ドラッグストアでは4月の売上実績のうち除菌グッズが前年度比4000%を超えた店舗もあるそうだ。その一方で、風邪薬は65%というから、期せずして予防対策が他の感染症にも奏功したのかもしれない。それは、今まで手洗いなどを疎かにしていた証拠でもある。コロナ騒動が起こる以前、男子トイレで手を洗わずに出ていく人を見かけるのは珍しくなく、蛇口に指先をチョンチョンとつけるだけなんていうのも何度か目撃した。女子トイレについては知らないが…。ともかく他の感染症も少なくなっているのであれば良いことだから、もっと学びたいと思い見つけたのが『感染症大全 病理医だけが知っているウイルス・細菌・寄生虫のはなし』(堤 寛/飛鳥新社)である。


     著者は患者を直接診察するのではなく、現場から送られてくる、人体で採取された血液・髄液・組織の一部や排泄物などの「検体」を調べて診断を下す病理医。病理専門医は実に、医師の中でも1%しかいないという稀有な存在だ(2019年8月時点のデータ)。


     メディアの報道や各所からの意見が錯綜した新型コロナウイルス。だが、本書には2019年12月に中国湖北省の武漢で確認されてから3月頃までの経緯が記されているので、落ち着いて振り返るのに適しているだろう。


     似たような例で、2009年4月にメキシコに端を発した豚インフルエンザは、同6月に世界保健機関(WHO)がパンデミックと認定し、世界中の死亡者数は1万4000人を超えた。日本でも同5月に初めての感染例が出たことからマスコミの報道が過熱。人々が動揺した結果、夜間・休日の当番医療機関への受診が殺到したため過剰な負担が現場にかかることとなったが、実は季節性インフルエンザよりも死亡率が低かったという。


     こういった過去の例に学びつつ、今回の新型コロナウイルスへの政府や行政機関の対応を検証する際には、マスコミの報道についても振り返る必要がありそうだ。

    続きを読む