ダ・ヴィンチ - ワラウ

「働きがいランキング」に隠された仕事の“嘘”を暴く! パンフと現実が違う本当の理由

2020年6月26日

  • 『NINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘』(マーカス・バッキンガム、アシュリー・グッドール:著、櫻井祐子:訳/サンマーク出版)

     就活生のとき、まるで中毒のようにネットで企業の情報を集めた。コーポレートサイトにはいいことしか書いていないだろうから、転職サイトの口コミやOB訪問を重ねて「本当のところ」を知ろうとした。大学の同期たちも同じく十分調べて会社を選んだはずである。だが、入社して2~3年経つと、「こんなはずじゃなかった」と嘆く声がなんと多いことか。しかも、誰もがうらやむホワイト企業に入社した同級生すら、である。なぜなのだろうか?
     
     そのヒントは『NINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘』(マーカス・バッキンガム、アシュリー・グッドール:著、櫻井祐子:訳/サンマーク出版)にありそうだ。本書は、私たちが(あるいは上司や会社が)なんとなく「正しい」と思っている“9つの仕事の常識”を華麗なまでに覆す。


    ウソ#1 「どの会社」で働くかが大事
    ウソ#2 「最高の計画」があれば勝てる
    ウソ#3 最高の企業は「目標」を連鎖させる
    ウソ#4 最高の人材は「オールラウンダー」である
    ウソ#5 人は「フィードバック」を求めている
    ウソ#6 人は「他人」を正しく評価できる
    ウソ#7 人には「ポテンシャル」がある
    ウソ#8 「ワークライフバランス」が何より大切だ
    ウソ#9 「リーダーシップ」というものがある


     本書のあげる「仕事に関する9つの嘘」に照らし合わせると、先述の例は「ウソ#1」に当てはまる。就活生時代の「この会社に入れば幸せになれる!」という幻想はなんだったのか。著者は研究の結果、業績の高いチームに見られる要素を8つあげている。たとえば、仕事で「強みを発揮する機会」が毎日ある…といった項目だ。もし、「どの会社」で働くかが大事だとすれば、この8つの要素に関して、同一社内であればすべてのチームでほとんど同じステータスになるはずだ。だが、実際は会社間の差よりも、会社“内”の差が常に大きいのだという。

    続きを読む