ダ・ヴィンチ - ワラウ

人はなぜカルトに惹かれるのか? 入信・脱会後にシステムエンジニアを経て住職に。異色の経歴を持つ著者が理由を説く

2020年6月27日

  • 『なぜ人はカルトに惹かれるのか 脱会支援の現場から』(瓜生崇/法蔵館)

     何をもって「カルト」とするかは、難しいと思う。例えば私の家は4代続くキリスト教徒なのだが、伝統宗教だからといって「カルトではない」と云い切ることはできない。なにしろ原始キリスト教だって当時は新興宗教にすぎず、血塗られた歴史を重ねてきた。現在も宗派が違うと対立があるから、伝統の長さや規模の大小で決めることはできないだろう。また、非科学的で論理的整合性を持たない教義が反社会的で問題があるかというと、反政府活動を警戒した為政者が宗教弾圧をするという例もあるので直接的な事由とはならない。長年そう考えていた私に天啓が降りてくるかのごとく出逢ったのが、『なぜ人はカルトに惹かれるのか 脱会支援の現場から』(瓜生崇/法蔵館)という本だった。


     著者は、大学在学中に仏教系のカルト教団に入会し、12年間にわたり活動したのちに脱会。IT企業や印刷会社のシステムエンジニアを経てから、今度は別の宗派の住職となった異色の経歴の持ち主。そして現在は、カルトの脱会支援活動に尽力しながらカルト問題啓発のための講演活動を行なっている。


     本書の中では断りのない限り、カルトと云うときは反社会的な宗教団体を指して「破壊的カルト」としている。ただ、著者が相談を受ける多くの団体において典型的な兆候が見られたとしても、具体的な反社会性があるとは限らず、内部で起きている信者の虐待などが表面化しなければ問題提起のしようがないという課題が残ってしまう。


     そこで著者は、脱会支援活動をしている他の人たちの考え方も加味した定義を示しており、中でも本書を通して私が外せないだろうと思ったのは「詐欺的な手法を用いて勧誘」する点と「過度な同調圧力を加えて人格を変容」するという要素だ。


     著者自身は、高校3年生のときに受験を控えて下見に訪れた大学のキャンパスで信者から声をかけられ、「これ、宗教ですか?」と正面切って尋ねたら「宗教じゃないよ!」と返されたそうである。そのときの著者は、からかい半分で応じただけだったため、差し出された用紙には嘘の連絡先を書いて立ち去った。それなのにその後、著者は入会して大学を中退するほどのめり込み、親からは勘当されてしまう。

    続きを読む