ダ・ヴィンチ - ワラウ

読み始めれば飲みたくなる? 大人が知っておきたい「日本酒」が今海外で大注目される理由

2020年6月27日

  • 『世界のビジネスエリートが大注目! 教養として知りたい日本酒』(八木・ボン・秀峰/PHP研究所)

     今や日本酒は、世界中で愛されるお酒になった。英語圏では「SAKE」として親しまれており、米や水、麹を原料とする日本ならではの味わいは、海外の食通たちの舌もうならせている。
     
     日本酒の蔵元が所属する業界団体・日本酒造組合中央会の発表によれば、2019年度の清酒輸出総額は前年比5.3%増の約234億円で、10年連続で過去最高を更新。海外からいかに注目されているかも伝わる。近年では海外で現地の人びとが蔵元となって日本酒を生産するケースもあるという。
     
     アメリカ・ニューヨークで日本酒バーをはじめ複数の飲食店を経営し、現地での「日本食ブーム」を黎明期から支え続けてきた八木・ボン・秀峰さんの著書、『世界のビジネスエリートが大注目! 教養として知りたい日本酒』(PHP研究所)は、そんな日本酒の魅力を伝える1冊。50種類にも及ぶさまざまな銘柄の日本酒の特徴やその逸話を学ぶことができる。



     例えば、山口県の旭酒造が手がける「獺祭(だっさい)」は、街中の居酒屋でもよくみかけるようになった銘柄だ。海外でも知名度は高く、その要因には「ブランディングの勝利」があったと本書は解説する。


     じつは、獺祭には高級酒の代名詞ともいえる「純米大吟醸」しかなく、なおかつ、酒米も最高峰とされる「山田錦」しか使われていない。明和7(1770)年から続く蔵元の旭酒造は普通酒も製造していたが、獺祭が誕生した1990年以降、その売れ行きをみて2004年からは、純米大吟醸の獺祭にすべてを託した。


     原材料にもこだわりがみられ、使用されているお米は山田錦の本場・兵庫県で最高級にランクされる「特A地区」で生産された品種。今や、海外への輸出が「全体の25%」を占めるほど世界的に支持されるようになっている。


     古くから「幻の酒」ともいわれるのが、新潟県の石本酒造による「越乃寒梅(こしのかんばい)」である。本書によると、その名は「初春の残雪の中、寒さに堪えりんとした美しさを魅せる梅の花に志を重ねて」という思いが由来。昭和の地酒ブームをリードした存在ともいわれる。

    続きを読む