ダ・ヴィンチ - ワラウ

コロナ禍が経済格差を3つに分断する!? かつての中流はもはや上流。ではかつての下流は…?

2020年6月29日

  • 『コロナが加速する格差消費』(三浦展/朝日新聞出版)

     2005年、企業買収が目立ちそれまでの終身雇用が常識ではなくなった年に『下流社会 新たな階層集団の出現』という書籍が発売されベストセラーになった。「安定就職を前提とした中流階層モデルの崩壊」を目の当たりにした社会の現状と未来を憂いた同書は、多くの共感を集めた。
     
     そして今年、同書の著者・三浦展さんの新刊『コロナが加速する格差消費』(朝日新聞出版)が発売された。先述の書籍から15年。タイトルからも伝わるとおり、今後の“ウィズコロナ”“アフターコロナ”を見据えた1冊であり、「格差は拡大。激しく二極化し、コロナがそれを加速する」という強いメッセージが込められている。


    「中の中」でも上流階級に当てはまる時代が訪れたと、著者は現代社会を俯瞰する。背景にあるのは、たびたび社会的にも議論される「格差」であるが、その言葉自体はくせ者で、なにをもって格差と呼ぶのか、あらゆる視点からの検証が必要になる。


     本書ではさまざまな角度からの分析がなされているが、例えば、これからの時代の立役者となる平成生まれの世代でいえば、年収ベースでみて「上流気分」でいられるのは「600万円以上」が境界線になるだろうと指摘している。


     根拠となるのは本書にある世代ごとの「階層意識」についての調査結果だ。男性では「400~600万円未満」にあたるうちの51%の人が、自分を「中の中」と評価しているという。 対して、氷河期世代やバブル期を過ごした男性たちでは、同じ金額の年収でも自分を「中の下」と評価する意見が目立ち、おおよそ「15年周期」で変わるという世代ごとに、価値観が変化していることが調査結果から分かる。


     かつての“中流家庭”といえば、正社員の夫に専業主婦の妻、そして、子ども2人からなる家庭がいわゆる「標準世帯」のイメージだった。しかし、現代では「経済格差があるがゆえに結婚せず、ずっと未婚、一人暮らしという人も増えた」と本書は指摘する。

    続きを読む