ダ・ヴィンチ - ワラウ

忘れない読み方、知識を整理して定着させる読み方とは?/「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術⑩

2020年7月25日

  • 忙しい人でも簡単にできる、法律家のすごい読み方を伝授! 木山 泰嗣氏が仕事にも学びにも効く読書法を紹介します。読解力はもちろん、記憶力、思考力のすべてを鍛えることができる著者独自の手法が満載です。


    『「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術』(木山泰嗣/日本実業出版社)

     日常的に興味関心のある分野の本を読み続けている人は、その内容を自然に記憶し、知識を増やしていくはずです。


     類書を大量に読めば、同じ言葉、専門用語、考え方、人物や会社の名前、エピソードなどが何度も繰り返し出てくるからです。そして、それらは、異なる著者の味付け(料理)により、手を変え品を変え、さまざまな切り口や角度で解説してくれるわけですから、それらの内容を深く理解することができます。なお、物語や漫画などでも、そのジャンルの本を読めば、ストーリーとして体験して記憶することができます。こうして得られた深い知識は長期間にわたって定着します。


     もっとも、「ある専門分野について1から学びたい」あるいは「これを機会に徹底して勉強したい」という場合、例えば「会計学」「財政学」「税法」「アメリカ憲法」「所得税の歴史」などのような大学の授業を受けたことのない学問分野、あるいは「ベーシック・インカム」「消費税の軽減税率」などの最近よく耳にするようになったテーマを学ぼうとした場合に本を読むときは、それなりのコツがあります。


     このような読書については、本を用いた勉強に近いといえます。学校の勉強や受験勉強との違いは、試験もなく、問題集もなく、先生の指導もなく、合格・不合格もない、という点です。そうした読書ならば、わたしの受験生時代とは異なり、時間を気にすることなく、純粋に興味のあるものを学べるということです。まずは、その恵まれた環境に感謝し、その環境を存分に活かすことだと思います。試験も、宿題も、レポートも、受験もなく、本を自由に読んで自ら学ぶだけでよい、と気楽に考えてください。

    続きを読む