ダ・ヴィンチ - ワラウ

アナタの性格に合った「ダイエットレシピ」はどれ? 糖質オフやファスティング…健康的に痩せる食事法7選

2020年7月11日

  •  新型コロナウイルスの影響で、長期間にわたって続いている自粛生活。運動不足がたたり、「なんだか身体が重くなってきた…」という人も多いかもしれない。そこで、“健康的に痩せられる食事法”をわかりやすく教えてくれるダイエット本を一挙紹介。定番の「糖質オフ」の効果的なノウハウをはじめ、さまざまなダイエット法があるので、ぜひ自分の体質や性格に合ったダイエット法を見つけてチャレンジしてみよう。



    『おからパウダーで!ガマンしない糖質オフ』(工藤孝文/主婦の友社)

     糖質オフダイエットに挫折してしまう理由として多いのは、麺やパンなどの炭水化物を食べられないこと。そこで役に立つのが、おからを乾燥させた「おからパウダー」。小麦粉やパン粉の代わりにおからパウダーを使うと糖質量が激減するので、今まで我慢していた料理も“罪悪感なし”で楽しめる。
     
    『おからパウダーで!ガマンしない糖質オフ』は、おからパウダーを効果的に取り入れる方法を紹介した1冊。主食やおかずはもちろん、ドーナツやクッキーなどのおやつにいたるまで、簡単に作れて毎日楽しめそうな「糖質オフレシピ」を多数紹介。とくに「おからヨーグルト」は毎日朝食時に食べ続けた人の内、半数が腹囲マイナス5cmを達成するほどの効果があったそう。
     
     NHK「あさイチ」などのメディア出演でも知られる著者・工藤孝文氏によると、おからパウダーは便秘解消や腸内環境の改善に役立つ上、満腹感を得られやすいのが特徴。画期的なダイエット食材を使って、無理なく健康的にキレイな身体を目指してみよう。


    『伝統食材「干豆腐」レシピで 糖質オフなのに本当においしいラーメンダイエット』(市瀬悦子:料理、大村和規:監修/主婦の友社)

     糖質や塩分が多く含まれるラーメンは、まさにダイエットの“天敵”のような存在。でも、『伝統食材「干豆腐」レシピで 糖質オフなのに本当においしいラーメンダイエット』では、あっと驚く方法によって糖質オフの“ラーメンダイエット”を実現している。
     
     料理の主役となるのは、かための豆腐を圧縮・脱水した中国の伝統料理「干豆腐(ホシドウフ)」だ。干豆腐100gあたりの糖質量はわずか1.8gで、中華麺と比べると90%以上オフ! それでいてたんぱく質は豊富で、イソフラボンやカルシウムがたっぷり含まれているため美肌効果も期待できるそう。
     
     干豆腐は中華食材専門店やAmazonなどのネット通販で購入できる。もし手に入らないときは、スーパーで手軽に買える「糖質ゼロ麺」でも干豆腐風の味わいを再現可能。ラーメン好きのダイエッターは、ぜひ本書のレシピを参考にチャレンジしてみてはいかがだろう。

    続きを読む