ダ・ヴィンチ - ワラウ

「親の介護から逃げたいと思う。私は冷たい息子なのでしょうか」知恵を使い、今の自分にできる“最善の道”を選んで/あきらめよう、あきらめよう⑧

2020年7月30日

  • あきらめよう、あきらめよう。そうすれば、どんなときも幸せは見つかります。この困難な時代をしなやかに生きるヒントを語った、シスター鈴木秀子、渾身のメッセージです。さあ、一緒に聖なるあきらめのレッスンをしていきましょう。


    『あきらめよう、あきらめよう』(鈴木秀子/アスコム)

    「私は正直なところ、親の介護から逃げたいと願っています。仕事に支障が出てしまうからです。親には申し訳ないけれど、施設に入ってもらおうかと考えています。私は冷たい息子なのでしょうか?」


     このような相談をいただくことがありました。


    「親の世話をしたい気持ちはあるけれども、自分の時間を削られては困る」というジレンマが透けて見えるようです。とくに男性の場合は、一家の大黒柱である上に働き盛りの年代であることが多く悩ましいものです。


     いったいどうすればいいのでしょう。


     親に介護が必要になったとき。


    「親にとっても、自分自身にとっても100%の満足はない」、まずそう明らめて(認識して)ください。


     なぜなら、親子といえども利害が衝突することは必ずあり、双方に100%の「最善の道」が開けていることはめったにないからです。


     冷たく聞こえるかもしれませんが、「親にも自分にも、ある程度の負担は生じるはず」と最初から諦めて期待をしないことが大切です。


     もちろん誰だって、常に「最善の道を選びたい」と願うのが人情です。そして、その向上心は成長のために必要な欲求でもあります。


     けれども、どんなにお金や時間に余裕があったりやる気にあふれているという人でも、限界はつきまとうものです。


     たとえば、老人ホームへ親に入所してもらうというケースについて考えてみましょう。


    「うちの親は、このエリアで一番いい老人ホームに入所してもらおう」


     そんな思いで資金を潤沢に用意していたとしても、希望の施設が満員で入れない可能性だってゼロではありません。ここでも諦める姿勢が必要です。だから現実的な条件の中で、自分もほかの誰かをも犠牲にしない道を選んでいくべきです。

    続きを読む