ダ・ヴィンチ - ワラウ

わいせつ行為が目的の犯人は、睡眠中を狙って侵入する! 家での防犯のポイント/捜査一課式防犯BOOK③

2020年7月25日

  • 詐欺、空き巣、ストーキング、あおり運転などの犯罪・トラブルを回避するには、社会の実情を知り、正しい知識と危機管理意識を持つことが重要。元捜査一課刑事が教える安心・安全のためのテクニックの数々をご紹介します。


    『あなたとあなたの大切な人を守る 捜査一課式防犯BOOK』(佐々木成三/アスコム)

    家での防犯


    ひとり暮らしの場合、部屋にいたとしても侵入されるリスクが高まる時間があります。それは、入浴中。バスルームでくつろいでいる間に忍び込まれてしまった、というケースは少なくありません。



    家の中にいるからと安心せずに、お風呂に入る前には玄関だけでなく家中のカギを確認しましょう。もちろん、風呂場の窓も補助錠を付けてダブルロックが基本。また、お風呂に入る時間帯は、人が寝静まる深夜は避けましょう。特にマンションの場合は、ガスが作動していることで、入浴中であることがわかるリスクがあります。


    空き巣は人がいないときを狙って侵入しますが、わいせつ行為が目的の犯人は、睡眠中を狙って侵入します。侵入されると、凶悪事件に発展するリスクもあるので要注意です。




    睡眠中に忍び込まれないようにするには、寝る前にすべてのカギを閉めたかどうか確認するのは基本。高層マンションや入口がオートロックのマンションに居住する人は、無施錠の人が多いので注意しましょう。仕事でヘトヘトに疲れたときや、酔って帰ってきたときは特に注意です。


    犯罪者からすると、狙っている相手がひとり暮らしなのか、誰かと一緒に住んでいるのかは、犯行に及ぶときの大きなポイント。ひとり暮らしの女性は、まずその事実を悟られないことです。




    犯罪者に、2人以上いると思わせるだけで、忍び込みの抑止力になります。ひとり暮らしなのに出かけるときに「行ってきま〜す」、帰ってきたときに「ただいま〜」と言うだけで、犯罪者を欺くことができます。ちなみに、親の留守時に帰宅する子どもも、「ただいま〜」を言う習慣をつけると良いでしょう。

    続きを読む