ダ・ヴィンチ - ワラウ

人食い少年兵、マフィア、カルト教団――彼らは何を食って生きているのか? 世界中の“ヤバい飯”

2020年7月16日

  • 『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(上出遼平/朝日新聞出版)

     テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが「おもしろい」と言えば、おもしろいのである。深夜ラジオで、その佐久間Pが「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を絶賛していたので、さっそく番組を見てみた。
     
    「ハイパーハードボイルドグルメリポート」は、テレビ東京が不定期に放送しているドキュメンタリー番組だ。内容は実にシンプルで「世界の最も危険な(イカれた)場所で食べられているメシはどんなものか?」を取材し、スタジオでタレントの小藪千豊氏がそれを見て、消化しきれない感情を胃から吐き出す――というものだ。
     
     取材対象は、「リベリア 人食い少年兵」「台湾マフィア」「アメリカ 極悪ギャング」「ロシア 極北カルト教団」「セルビア “足止め難民”」「ケニア ゴミ山生活者」……など、不安と恐怖しか想像できない“ヤバい奴ら”がずらりと並ぶが、リポートするのはあくまでも「何を食って、どうやって生きているのか」である。
     
     ディレクターは危険地帯に赴き「飯をいっしょに食わせてくれ」と頼む。そんな呑気な相手ではないはずなのだが、ヤバい奴らは「いいよ」という。戦争や犯罪や貧困の報道でもなければ、ジャーナリストの正義感や怒りが込められているわけでもない。おかしなことを依頼してくる日本人の「ただの好奇心」をぶつけられれば、ヤバい奴らにも「俺らのメシを知ってどうするんだ?」という好奇心が生まれるのだろう。
     
     もちろん、食事にいたるまでの時間に、相手のことを根掘り葉掘り聞こうとするが、それも「ヤバい飯の料理人を知り」「ヤバい飯の本当の味」を知るための質問に過ぎない。広義で「レシピを尋ねている」ようなものなのだ。
     
     番組を見れば、そのことがよくわかる。BGMはなく、過剰なテロップもなく、コメントする小藪氏も私服風で、スタジオにもセットはない。取材者の言葉は、交渉のやりとりや、相手との必要最低限の会話のみで、感傷的な独白もあおり文句もない。
     
    「好奇心で覗いてみた世界はこうだったよ」と、生々しい「飯」を視聴者の心に置いていくこと、その先は視聴者が勝手に考える――シリーズ全編を通して、構成が徹底されているのだ。

    続きを読む