ダ・ヴィンチ - ワラウ

スマホに人格を操られるな…! コロナ禍の今だからこそ響くホリエモンの提言

2020年7月30日

  • 『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』(堀江貴文/学研プラス)

     ウイルスとともに暮らす生活はまだまだ続きそうだ。対面で何かをする機会はめっきり減り、音楽ライブなどもスマホで視聴するようになった。情報収集、コミュニケーション、エンタメ体験…あらゆるデジタルシフトが進むWithコロナの時代、私たちはスマホを使いこなさねばならない。


     本書『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』(堀江貴文/学研プラス)は、実業家の堀江貴文氏が語るスマホ論。自分の行動・人生を変えるためのスマホの使い方を教えてくれる。コロナ禍にも応用できる提言が盛りだくさんなので、ここではその一端を紹介したい。


     コロナ禍で“直接人と会う意味”を考え直した方は多いのではないか。いざテレワークをやってみると、ブレスト、MTG、営業活動など、大抵のことはチャットツールとテレビ会議で事足りることに気づく。友人とのコミュニケーションも、「Zoom飲み」なら顔を見ながら話せる。


     また、この生活に慣れると、現実で同じ時間・同じ場所に集まるコストの高さにも目が行く。営業であれば、前後の移動時間や資料の印刷も必要だ。堀江氏は、「スマホで済むような話を、わざわざ会って処理させる人を信用してはいけない」と語る。スマホで済む話は、スマホで済ませればいい。加えて今は、コロナ禍。それでも「直接会ってご説明させてください」と言ってくる人を、本当に信用していいのだろうか。


     感染対策や給付金などについて、ネットでは毎日のように議論が巻き起こる。学びや行動につながる反面、洪水のように流れる情報に疲れてしまうこともあるだろう。堀江氏は、そんなネットの情報に関して、気を付けてほしいことがあるという。


     私たちの思考は、自分が見ているスマホによって規定される。わかりやすい例は、自分の好きな人ばかりフォローしているツイッターや、好みの記事ばかりおすすめされるニュースサイトだろう。自然と自分の考えに近い情報ばかりが集まってしまい、それがマイノリティーだと気づかなかったり、違う考えの人を認められなくなったりしまうことがある。世の中には、今自分がいる場所の外側があることを常に意識していたい。

    続きを読む