ダ・ヴィンチ - ワラウ

美容師からIT企業社員、書店員、パン屋まで。77人のコロナ禍日記アンソロジー『仕事本』――どう過ごしたのか?

2020年7月23日

  • 『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社)

    『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社)は、様々な職業の老若男女77人が、コロナ禍をどう過ごしたかという日記を綴ったもの。いわゆるアンソロジー本と言っていいだろう。小説家の町田康を筆頭に、有名人の日記もいくつか含まれるのだが、評者が惹かれたのは市井の人々の非日常のほうだった。


     ひとりにつき6ページ前後の日記を読んでまず感嘆したのが、世の中には実に沢山の職種があり、それぞれに立ち向かう現実があることだ。馬の調教師、水族館職員、台湾の蕎麦店の経営者、夫婦問題カウンセラー、女子プロレスラー、ホストクラブ経営者、精神科医、占星術家等々。


     今回の場合、医療従事者の過酷さには目が行くが、例えば、評者はごみ清掃員の辛さを想像できなかった。感染リスクが極めて高く、「使命感と義務感の狭間で仕事をしている」と彼は記す。違反ゴミを出され、分別されていないゴミの袋を掻き分けてゆく、とも。


     葬儀社スタッフも例外的な案件に出会う。コロナで逝去した可能性のある遺体は検査され、結果は結局肺炎だった。一安心という向きもあったが、コロナ禍の葬儀はそれまでのものとは、当然違ってくる。高齢者が多く訪れる葬式では参列者を減らし、家族ですら火葬にも立ち会えない。椅子やドアから記帳用のボールペンまで、すべてアルコール消毒。葬式に参列できなかった親族にはビデオ通話で現場の様子を伝え、故人の顔をiPhoneで撮影。本書では触れられなかったが、結婚式なども同じような状況があるらしい。


     ライヴハウスや劇場も早々に閉鎖され、多くのアーティストがネットで無観客のライヴ/公演を行った。評者は演劇に頻繁に通っていたので、これはショックだった。だがそんな中、大人計画の主宰で、シアターコクーンの芸術監督に就任したばかりの松尾スズキは、「人間は、なくてもいいものを作らずに、そして、作ったものを享受せずにいられない生き物だとも私は思っている」とネットに書いた。

    続きを読む