ダ・ヴィンチ - ワラウ

テストの点数より「非認知能力」が重要な理由とは? 清川あさみさん、中野信子さんに聞いた!

2020年7月22日

  • 『ちかづいて はなれて わお!』(清川あさみ:作・画、中野信子:解説/パイ インターナショナル)

     異色の組み合わせにも思える、アーティストの清川あさみさんと脳科学者の中野信子さんは普段から仲が良く、このほど2人で協力して絵本『ちかづいて はなれて わお!』(清川あさみ:作・画、中野信子:解説/パイ インターナショナル)を出版された。赤ちゃんの脳と心を育むという一冊にこめた思いとは何か、お話をうかがった。


    ――本ができた経緯を教えてください。


    中野信子(以下、中野):あさみちゃんに2人目のお子さんが生まれた時に絵本をプレゼントした時、彼女が自分でお子さんのために手作りでいろいろ作っていることを知ったんですね。見せてもらったら脳を育てるのにすごくいいもので、「これはみなさんに使ってもらったほうがいいのでは?」と思ったんです。


    清川あさみさん

    清川あさみ(以下、清川):ちょうどそのとき「ママって本当に大変だよね」って話から、もう少しハッピーに子育てできるきっかけづくりになるものを作れないかとも話していたんです。世の中にはいろんな子育て本がありますけど、本のとおりにしなきゃとガチガチに考えているお母さんもいるので、まずはもっとリラックスして子どもと過ごしてほしいと思って。


    「お子さんとちゃんと接して肌と肌をあわせていることが、実は脳と心にとてもいい」と信子ちゃんが言っていたのも印象的で、それをがんばっている親御さんたちに教えてあげたい、届けたいと思いましたね。


    ――この本は「非認知能力」を育てるとあります。具体的にはどういうことですか?


    中野「非認知能力」は耳慣れない方も多いかもしれませんが、しばらく前から子育てに関心の高い人たちの間では話題になっているんです。従来は、知能を伸ばす「知育」が注目されていましたが、実はこれはいくら赤ちゃんの頃からがんばっても小学校6年生くらいになると元に戻ってしまうというのが明らかになってきているんですよ。考えてみれば、なぜ親が子の知能を伸ばそうと思うのか、その本質には「自分らしい人生を悠々と生きてほしい」という願いがあるからではないでしょうか。そんな生き方をしていく力の元になるのが「非認知能力」なんです。

    続きを読む