ダ・ヴィンチ - ワラウ

「自称ズボラさん」も「ダイエット失敗組」も全員集合! 夏本番前に結果を出すトレーニング7選

2020年7月19日

  •  今年もそろそろ暑い夏がやってくる。薄着で外出するようになると気になるのは“自分の体型”。しかし、世の中には、「できることなら痩せたいけど、なるべくなら家から出たくない」というズボラな人たちも多いのではないだろうか? そこでここでは、“頑張りたくない人”におススメのダイエット本を厳選して紹介。自宅で実践できるトレーニング方法が盛りだくさんなので、毎日続けられること間違いなし!



    『いつものウォーキングが最強のボディメイクに変わる! やせウォーク 4週間プログラム』(森拓郎/扶桑社)

    『いつものウォーキングが最強のボディメイクに変わる! やせウォーク 4週間プログラム』は、痩せるウォーキングの方法を教えてくれるダイエット本。同書によると痩せるためには、きつい運動や食事制限をする前に、「歩き方」を見直すと良いそう。
     
     トレーニングは毎日行う「ベーシックストレッチ」と週替わりの「スぺシャルトレーニング」で構成されており、自宅で1日10分という手軽で時短なプログラム。1つ1つのトレーニングは簡単だが、「太る歩きグセ」を見直していくことで、痩せるウォーキング“やせウォーク”が身につく。
     
     逆に「太る歩きグセ」を続けていると、脚が太くなってしまう原因にも。「靴底のかかとが極端に減る」「雨の日、水はねがすごい」「歩くと脚がパンパンになり、疲れやすい」といった項目が当てはまる人は要注意だ。たかが「歩き方」だが、されど「歩き方」。毎日のウォーキングを改善して、無理せず“全身痩せ”を目指してみたい。


    『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク タン・タン・ターン♪で楽しく続く』(山口マユウ/ダイヤモンド社)

    『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク タン・タン・ターン♪で楽しく続く』も、「歩き方」に着目したダイエットメソッド。著者の山口マユウ氏が20年かけて開発した、「やせる3拍子ウォーク」の方法を紹介している。
     
    「やせる3拍子ウォーク」がどんなダイエット方法なのかというと、「タン・タン・ターン」というリズムに合わせて歩くだけ。3歩目の“ターン”の部分だけ、歩幅を人差し指1本分(約8cm)大きく広げるのがポイントだ。
     
     実際に、「TVチャンピオン」で3回優勝経験を持つ男性パティシエは、「やせる3拍子ウォーク」を取り入れて12kgのダイエットに成功したのだとか。「足と歩行の診療所」の吉原正宣医師も、この歩行メソッドの効果に太鼓判を押している。
     
     また同書では、その場で足踏みしながら3歩目で両手を高く上げる「タン・タン・アップ♪」なども紹介。こちらは移動をしないトレーニングなので、より自宅で実践しやすいそう。

    続きを読む