ダ・ヴィンチ - ワラウ

不安な人ほど運動したほうがいい? コロナ禍でもメンタルを健康に保つには

2020年7月20日

  • 『心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書』(Testosterone、岡琢哉/文響社)

     新型コロナウイルスによる社会不安が続いている。日本の未来や自分の仕事は、これからどうなってしまうのか。先行きの見えない状況にストレスがたまり、身近な人間関係がうまくいかなくなってしまった、という人もいるだろう。私たちは、ますます加速するストレス社会とどう向き合えばいいのだろう。


     本稿で紹介する『心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書』(Testosterone、岡琢哉/文響社)は、ストレスに負けないための原理・原則を語るメンタルコントロールの本だ。著者は、Twitterでメンタルや筋トレに関する発言で人気を集めるTestosterone氏と、精神科医の岡琢哉氏。フォロワー数100万人超を誇るTestosterone氏の説得力ある言葉と、エビデンスに基づいた岡琢哉氏の分析は、かけ合わせれば百人力だ。


     本書で語られるのは、メンタル管理は何よりもまず「予防」が基本で、中でも「睡眠」「食事」「運動」が大切だということ。誰もが大事だとは意識しつつも、ついおろそかになりがちな3つだ。具体的に、効果的な方法を見ていく。


     まずは、運動だ。社会人になると、なかなか意識しないと時間がとれないが、やはりメンタルへの影響は大きい。本書で紹介されている研究によれば、運動をしない人よりも、運動をする人のほうが、精神状態が良い日の割合が40%も多いのだとか。特に効果的なのは、チームスポーツや、サイクリング、ジム、ランニングなど。どうやら、運動そのものだけでなく、付随する要素も重要なようだ。チームでプレイするスポーツやジムでの運動は、多くの人と関わりながら行う。コミュニケーションを取り、楽しみながらやることも、運動の効果を高めていると思われる。


     うつ病と運動を比較した研究もある。週3回、30分間、全力の70~80%の強度でウォーキングした場合、薬と同じくらいうつに対する効果があったそうだ。私たちの実感としても、ウォーキングやランニングをすると余計な事が頭から離れ、すっきりする感覚があるだろう。

    続きを読む