ダ・ヴィンチ - ワラウ

セックスレスを夫に相談するのはイヤ。だけど自分を性的にわかっているのは夫だけ。『私の穴がうまらない』おぐらなおみさんインタビュー

2020年7月22日

  •  フリー編集者で、中学2年の娘と暮らすハルヒは、夫のマサルと10年近くセックスをしていない。「私このまま、1回もしないで死んでいくのかな――」。夫には切り出せないまま、モヤモヤとした毎日が過ぎていく。


     このたび、性別や結婚歴を問わず幅広く支持されるコミックエッセイ『私の穴がうまらない』(KADOKAWA)の著者、おぐらなおみさんにインタビュー。おぐらさんは、この作品でセックスレスにどう向き合ったのだろうか。ダ・ヴィンチニュースがコロナ状況下での夫婦生活について聞いたアンケート結果を織り交ぜながら、漫画の魅力をひもとき、夫婦の在り方とセックスレスに迫ってみた。編集協力として漫画制作に携わった松田紀子さんも同席。本書をもう一度読み返したくなるような、奥が深い夫婦事情に注目だ。


    『私の穴がうまらない』(おぐらなおみ/KADOKAWA)

    ――セックスレスに真正面から向き合った『私の穴がうまらない』が多くの支持を得ています。なぜ、この課題について描こうと思ったのですか?


    おぐらなおみさん(以下、おぐら):友人や知人に聞くと、まあみんなびっくりするほどしていない(笑)。長く夫婦を続けていたら当たり前なんだと思いつつ、本当にそれでいいのかと。セックスレスって、実際に自分がそうなってみると問題は複雑で。しかも相手は夫なのに、夫に相談するのが一番イヤだった。そうやって自分の中でグルグルしている悩みを漫画で描いてみようと思いました。


    ――多くの夫婦がレス状態っていうのが日本の夫婦の現実だと。


    おぐら:たまに、夫婦どちらも好き同士でちゃんとセックスもしているって聞きますけど。夫婦って恋愛とは違うものだと思うから、そうなりたいとは思わないんです。ただ、「全然してないな」「なんでしてくれないんだろう」という悶々とした悩みから解放されたいとは思います。


    『私の穴がうまらない』(KADOKAWA)より

    ――セックスレスになった理由はどんなものが多いですか?

    続きを読む