ダ・ヴィンチ - ワラウ

博物館の全身骨格に想像力で肉付けを! 『恐竜 骨ぬりえ』が夏休みを楽しくする【やってみた】

2020年7月30日

  • 恐竜 骨ぬりえ
    『恐竜 骨ぬりえ』(岡田善敬:構成、小林快次:監修/KADOKAWA)

     新型コロナが落ち着く気配がない。夏休みは親子で遊びに行けるチャンスだが、今年はおとなしくしていようと考えている家庭は少なくないだろう。


     それなら、せめて家庭で「行った気」になってみよう。子どもは恐竜が大好きだ。国内にいくつかある恐竜博物館には、一部の骨だけでなく全身骨格まで展示されているところがあり、子どもたちは「どんな体だったのかな?」「なにを食べていたのかな?」と想像力をフル活用して、気持ちを高める。そんな恐竜大好きキッズにおすすめしたいのが、新しい試みがおもしろい『恐竜 骨ぬりえ』(岡田善敬:構成、小林快次:監修/KADOKAWA)。ぬりえに描かれた恐竜の線画に色を塗って姿を再現するのではない。なんと、全身骨格標本をもとにした骨に、自分で想像力を働かせて肉付けしていくのだ。


     本書のトップバッターは、恐竜の王者・ティラノサウルス。博物館による全身骨格標本写真の提供協力、岡田善敬氏の構成とデザインによって、全身骨格が掲載されている。実際に博物館に行ったらこれと出会えるのか、と子どもが思わず興奮するリアルさだ。ページ下には、収録恐竜の選定も行った「ダイナソー小林」で有名な北海道大学総合博物館の小林快次先生による食性、全長、くらしていた場所などの簡単な説明が添えられており、子どもが骨から肉付けされた恐竜の姿を想像しやすい仕組みになっている。


    恐竜 骨ぬりえ p.6-7

     本来のティラノサウルスを再現しなくて良いのか? 自分勝手に恐竜の姿を想像しても? 本書はイエスと答える。そもそも、いま知られている恐竜の姿は、さまざまな研究をもとに想像してつくられたもの。新しい発見があったり、研究が進んだりするたびに、姿を変えてきたのだ。本書は、恐竜の一番の魅力を「わからないことがたくさんあること」としている。骨や情報から、わからないなりに好きに恐竜を思い浮かべて塗る。これが本書の楽しみ方だ。

    続きを読む