ダ・ヴィンチ - ワラウ

決定!「コロナの時代の読書」特選レビュー3作 その1

2020年7月27日

  • コロナの時代の読書

     ポストコロナではなく、ウィズコロナ時代となるのではないか、とも言われている現在。当たり前のように存在していた私たちの日常が、いま少しずつ変わろうとしている。そして人々の想像力のありようもまた、日々変化しているように思われる。そんな歴史の転換点において、いつも我々の道標となってくれたのは「本」の存在である。


     現在、KADOKAWAではコロナ禍の読書ガイド企画「コロナの時代の読書」を開催している。多くの作家・評論家が、コロナ時代に読むべき本について寄稿。また、読者が自由に投稿できる場「みんなで作る読書ガイド」も設け、これからの世界を生きるために携えるべき本のガイドが多数集められている。このほど、一般読者から募った投稿の中でも特に優れた「特選レビュー」が3作選ばれた。ダ・ヴィンチニュースでは、その「特選レビュー」3作品を皆様にお届けする。


     1作目は、杜崎結さんの「『すべてがFになる』森博嗣について」を。


    すべてがFになる
    『すべてがFになる』(森博嗣/講談社)

    “今は夏。彼女はそれを思い出す。”(P.9)


     静かな一文からはじまるミステリの大傑作。絶海の孤島で起こった密室殺人を巡る推理と驚くべきトリックは、名作映画である『羊たちの沈黙』を思わせる。しかし、本作が傑作たるゆえんは、そのミステリとしての完成度の高さだけではない。


     20年以上も前の作品ではあるが、まるで現在の世界を予言するかのような確かな洞察による作中の会話は、洒脱でありながら、作者の森博嗣氏の卓越した先見性を示すとともに、現代の生き方への有益な示唆に富む。


     特に、主人公の一人である西之園萌絵(にしのそのもえ)が、天才・真賀田四季(まがたしき)博士と面会する冒頭のシーンでは、人の移動が抑制された世界におけるリモートでのコミュニケーション、VRに関する技術的進歩の輪郭をまごうことなく捉えており、それを受け入れる人間の倫理観の問題さえも予見しているかのような圧巻の会話が繰り広げられている。

    続きを読む