ダ・ヴィンチ - ワラウ

決定!「コロナの時代の読書」特選レビュー3作 その2

2020年7月27日

  • コロナの時代の読書

     ポストコロナではなく、ウィズコロナ時代となるのではないか、とも言われている現在。当たり前のように存在していた私たちの日常が、いま少しずつ変わろうとしている。そして人々の想像力のありようもまた、日々変化しているように思われる。そんな歴史の転換点において、いつも我々の道標となってくれたのは「本」の存在である。


     現在、KADOKAWAではコロナ禍の読書ガイド企画「コロナの時代の読書」を開催している。多くの作家・評論家が、コロナ時代に読むべき本について寄稿。また、読者が自由に投稿できる場「みんなで作る読書ガイド」も設け、これからの世界を生きるために携えるべき本のガイドが多数集められている。このほど、一般読者から募った投稿の中でも特に優れた「特選レビュー」が3作選ばれた。ダ・ヴィンチニュースでは、その「特選レビュー」3作品を皆様にお届けする。


     2作目は、矢向亜紀さんの「『1984』で考える新型コロナウイルスとの共存」を。


    1984
    『1984』(ジョージ・オーウェル/ゴマブックス)

     言わずと知れたSFの名著で描かれるのは、確かに、いくらか誇張されたディストピアの世界だ。


     言論統制、思考統制、価値観の統一化、過去の改竄。
    「こんな世界に生まれなくてよかった」


     読み手はそう思いながらも、どことなく妙な心地になる。
    「本当に、今自分が生きている世界は、“こんな世界”ではないんだろうか?」


     古典作品は、現代に生きる私たちにとって、ある一定の示唆を与える。(初版発行1949年の本作も、SFの古典と表現して差し支えないと思いたい。)新型コロナウイルスが流行し、自宅で過ごす時間が増えた中。何かの示唆を、救いを求めて、本作を手にした人も少なくないだろう。


     この『1984』もまた、現代からすればだいぶ昔の年号を冠に持ちながらも、
    「こんな未来は嫌だ」
    「でも既にその気配は漂っている」
    と、私たちに危機感を与える。

    続きを読む