ダ・ヴィンチ - ワラウ

自らの知見頼みのリーダーはもう古い! 青学・原監督流リーダーシップ論/改革する思考こそが、日本を変えられる①

2020年7月22日

  •  大学駅伝3冠、箱根駅伝4連覇など、陸上競技の指導者として、数々の偉業を成し遂げてきた青山学院大学の原晋監督。同氏が異端児と言われながらも貫き通してきたリーダーシップ論を語る。ポストコロナの時代に求められるものとは。


    改革する思考
    『改革する思考』(原晋/KADOKAWA)

     本書では、こうしたリスクを積極的に取ることで得られる「改革する思考」について、私が考えたことを思う存分書いています。


     横並びが正解なんかじゃない。考え、対策を講じることでチャンスが生まれる。陸上界が、そして日本がいい方向に変わって欲しいという願いを込めたいと思います。ただし、私ひとりでは変えられません。私にできることは預かっている部員に対して知的好奇心と刺激を与え、走ることを通じて成長していってもらうことです。


     私が学生に伝えたいことは、日本に限らず、いまの世界は「変数」が大きく、即座の対応力が求められる。社会に出てからの訓練の意味でも、すべてを「自分ごと」として捉えて欲しい、と。そうなると、指導者の質が問われてきます。これまでの日本のリーダーの行動指針は「KKD」でした。KKDとはなにか?


     Kは「経験」。


     もうひとつのKは「勘」。


     そしてDは「度胸」。


     昭和的というか、古いのです。要は、自分が体験した知見を基に判断を下すのが日本的リーダーです。それは平時においてはうまく回っていった部分もあり、みんながそれなりにハッピーだった。ところが、KKDに頼った判断が、私は2020年3月から5月にかけ、日本をマイナスの方向に向かわせてしまったと思えてならないのです。


     私は日本酒が大好きですが、いまの醸造の世界は杜氏さんのKKDに頼るのではなく、醸造学科で学んだ若い世代がエビデンスを基にして日本酒造りに取り組んでいるそうです。そのおかげで毎年、品質の安定したお酒を供給できるようになった。つまり、科学なんです。これを陸上や大学の世界に置き換えてみると、どうなるか。いつまでもKKDに頼っていては、「アフター・コロナ」の世界で噴出するであろう予測不能な状況に対応できません。

    続きを読む