ダ・ヴィンチ - ワラウ

子供の自己肯定感をマックスにする“ルール”がある? 英国発・世界24か国翻訳のベストセラー本が日本上陸!

2020年7月23日

  • きみはスゴイぜ!
    『きみはスゴイぜ!』(マシュー・サイド:著、竹中てる実:訳、伊沢拓司:日本語版序文・解説/飛鳥新社)

     うちの子をやる気にさせたい…親ならだれもが思うはず。そこで朗報だ。英国で30万部のベストセラーとなり、現在24か国で翻訳されている『きみはスゴイぜ!』(マシュー・サイド:著、竹中てる実:訳、伊沢拓司:日本語版序文・解説/飛鳥新社)がついに日本に上陸したのだ!


     本書は親と子供のやる気をサポートする1冊だ。ただいっておくが本書は子を持つ親のための教育指南書ではない。子供自身が読む本であり、あくまで自発的に「なぜやる気がでないのか」「どうやったらうまくなるのか」を知ることができるものだ。もっとも、難しい言葉づかいも中にはあるので(特にあなたの子が小学生ならば)、親の側でも質問を受けられるようあらかじめ準備をしたほうがいいだろう。


     本書のテーマは「ごくふつうの子はみんなスゴイ子になれる」である。


    “きみ”、つまり子供は、皆、大きな可能性を持っている。よくいわれることだが、信じられない人も多いだろう。なぜなら子供たちは「既に色々なことを試してうまくやれない」ことを経験しているだろうからだ。


     ただ親であるあなたは、けしてそんな風に思わないことだ。


     本書の著者マシュー・サイド氏は、元卓球の全英チャンピオンで金メダルを獲得している。だが彼は「ごくふつうの子だったけど、分かれ道で卓球チャンピオンになる道を選んだスゴイ子」だという。


     子供の中に眠っている能力を、引き出し実現する方法を、マシュー氏は自分を例に説明している。興味をそそられる対象や趣味は、人によってちがう。でも、うまくなる方法や、夢を実現するための戦略は実は同じだという…。がぜん、親子で読んでみたくなったのでは?


     本稿では主な2項目について紹介したい。ひとつは“きみの心にブレーキをかけているものの正体”の章で語られるマインドセット。もうひとつが“人生を変えちゃう「マージナル・ゲイン」って?”で語られるマージナル・ゲインである。

    続きを読む