ダ・ヴィンチ - ワラウ

不確かな世界で生きる私たち。不安に押しつぶされそうになったら、ぷかぷか浮かんでみよう/コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める①

2020年8月1日

  • 新型コロナウイルスへの不安から、心身に不調をきたす「コロナうつ」が急増。つらいと感じたら一度立ち止まり、ぷかぷかと浮いたような気分でのんびりしてみては? 精神科医が教える心を鎮める思考方法をご紹介します。


    コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める
    『コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める – みんな不安。でも、それでいい –』(藤野智哉/ワニブックス)

     コロナで自粛生活を余儀なくされた私たちですが、自粛が明けたあと、すべてにおいて無気力になってしまったとしたら、どうしたらいいでしょう。


     この世界の様子はコロナが一変させました。


     同時にコロナ後の世界では、極度の疲労や不安などに苦しむ人が増えています。


     やる気が起きない。毎日が不安でしかたない。


     私たちはこれらの症状を「コロナうつ」と呼んでいます。


     コロナうつとはいったい何なのでしょうか? もう一度考えてみたいと思います。


     コロナうつで引き起こされる症状の多くは、慣れない環境や未知の恐怖への反応として正常な疲労、抑うつ気分、不眠などだと考えられます。


     これらはストレスに対する人間の正常な反応でもあります。


     アフターコロナの世界では、これまでの社会生活を取り戻すべく復興が始まりますが、長い自粛生活のストレス、現実の生活苦、燃え尽きなどから心が病的となってきてしまう方もいます。


     しかし、「コロナうつ= うつ病ではありません」。


     心が極度に疲れている症状ともいえるかもしれませんが、長引くことで症状が悪化する可能性があります。そのためにも、今からコロナうつと向き合う必要があります。


     うつ病ではないからこそ、薬ではなく考え方などを変えていくことでいい方向に向かっていくはずです。


     この章では、コロナで疲れたあなたに、ちょっと気持ちが楽になるいくつかのコツをご紹介しましょう。


     コロナ後、いえ根絶は難しいかもしれない“Withコロナ”の世界で 生きていくための生きる知恵をお届けします。

    続きを読む