ダ・ヴィンチ - ワラウ

ちょこっと仕込み→当日仕上げで料理のストレス激減! ゼロからじゃなく8や7からの即ウマごはん

2020年7月24日

  • ちょこっと仕込みで即ウマごはん
    『ちょこっと仕込みで即ウマごはん』(堀江ひろ子、ほりえさわこ/主婦の友社)

     忙しい毎日のごはん作り、「メインだけ作ったら時間切れ…」「副菜や汁物まで手が回らない…」。こんなちょっとしたネガ要素が料理疲れの元になっているんですよね。毎回ゼロからのスタートでは大変すぎ! それが8や7からだったら、気持ちはぐんと軽くなりませんか? 5や3くらいのスタートでも“作る気スイッチ”を押してくれるはず。


    『ちょこっと仕込みで即ウマごはん』(堀江ひろ子、ほりえさわこ/主婦の友社)が提案するのが、食材に下味をつけたり、ゆでたりを先にしておく「ちょこっと仕込み」。ほんの少し手をかけておけば、うまみが増し、保存もきいて一石二鳥で、当日食べる前に仕上げるから作りたてのおいしさが味わえるのが“作りおき”にはない魅力です。「ちょこっと仕込み」は、和洋中にアレンジがきくので、特売のかたまり肉や旬のまるごと野菜も、好きな味つけや食べ方で最後まで飽きずに食べ切れるのがうれしいところ。


     そんないいことずくめの「ちょこっと仕込み」のワザを教えてくれるのは、三代に渡る料理家一家の堀江ひろ子先生とほりえさわこ先生。堀江家で長年作り続け、改良を重ねてきたとっておきのレシピを惜しげもなく公開しています。


     いくら平日にラクをするためとはいえ、仕込みで休日がつぶれてしまうのは避けたいですよね。ご安心ください! そんな当たり前の思いにも、「ちょこっと仕込み」はしっかり寄り添います。本書で紹介されているレシピのほとんどは、仕込みで手を動かす時間はほんの5~10分程度。鍋や電子レンジで加熱している時間は、ほかの家事を同時進行で片づけられます。


    ちょこっと仕込みで即ウマごはん

    1.ド~ンとかたまりのまま、包丁を入れずに調理できる


    豚かたまり肉は、かたまりのまま仕込むからこそ、肉の中に濃いうまみが閉じ込められ、食べるときにおいしさが引き出されるのです。実は仕込みビギナーさんに最初におすすめしたいのが豚かたまり肉。

    続きを読む