ダ・ヴィンチ - ワラウ

あきらめも大事。無力であることを認めよう。人生は答えがない問題に挑み続けるようなもの/コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める②

2020年8月2日

  • 新型コロナウイルスへの不安から、心身に不調をきたす「コロナうつ」が急増。つらいと感じたら一度立ち止まり、ぷかぷかと浮いたような気分でのんびりしてみては? 精神科医が教える心を鎮める思考方法をご紹介します。


    コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める
    『コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める – みんな不安。でも、それでいい –』(藤野智哉/ワニブックス)

     あなたが心身に無理や限界を感じたときは、自分自身が無理な設定をしていないか見直してください。


     毎日しっかりと朝起きる。
     仕事に行く。
     朝と夜は自炊する。
     週に1回はトイレの掃除をする。


     今までだったらなんてことないことがつらいと感じるのならば、そのルーティンが今のあなたに見合ってないのです。


     これまでだったら、毎朝5キロ走って、会社には始業前に着いて、終業時間になったらすぐにフィットネスジムに向かい、汗を流したら、自宅近くのいいスーパーで有機野菜を買って、自宅に帰って自炊をする。


     これまでだったらなんとなくこなせていた日課も、今のあなたの負担になっているのかもしれません。目標自体が今のあなたにフィットしないのですから、柔軟にハードルを下げるといいでしょう。


     自分への負荷が高いと感じているということは、同じことを他人も感じているかもしれません。あなたが他人に求めるものを、相手は高過ぎると感じているのです。


     自分が他人に対して求めるものも、同時に低くする必要があるでしょう。


     締め切りギリギリに送ってくるメールを、今までだったら許せなかったあなたも、今のあなたなら笑って許せるはずです。


     コロナ騒動があって、不景気がやってきて、自分をとりまく環境が陰うつなことばかりで、何もかもうまくいかないことだって、もう笑ってしまうしかありませんよね。


     だって地球上の多くの人たちが同じように思っているんですから。


     私たちはなぜこんな時代に生まれてしまったのでしょう? それは誰にもわかりません。

    続きを読む