ダ・ヴィンチ - ワラウ

全てが分かったとき、思わず涙する――余命僅かな少女と死神のラブストーリー『優しい死神は、君のための嘘をつく』

2020年7月23日

  • 優しい死神は、君のための嘘をつく
    『優しい死神は、君のための嘘をつく』(望月くらげ/KADOKAWA)

     余命わずかな主人公の目の前に、突然死神が現れて「死ぬまでに、願いごとを三つ叶えてあげる」と告げる。正直なことを言えば、 この手の話ってよくある。どうせこの健気で薄幸の女の子が死神のことを好きになっちゃって、悲しい恋物語になるんでしょ。最初からわかり切ってるよ。そう思う人は私だけじゃないはずだ。


     しかし、作品を読み終えた今、私にはこのファーストインプレッションが、作品の大切な部分の本質ではないように思える。確かに(作品紹介でも書かれているように)この物語は「決して結ばれることのない、余命僅かな少女と死神の切ないラブストーリー」であることに間違いはない。なんだけれど、読み終えて本を閉じた時には、すっかりこの女の子・相良真尋と、彼女の前に現れた「死神さん」のことが大好きになっていて、ありふれた話が“特別な物語”になっているのだ。


    優しい死神は、君のための嘘をつく

     真尋は小さい頃から重い心臓病を患い、16年の人生のほとんどを入院病棟で過ごしている女の子。常に死と隣り合わせで、自身を家族のお荷物だとすら思っている彼女の前に、ある晩、春の風と共に現れたのはフードを目深に被ったマント姿の「死神」だった。


    「はじめまして、僕は死神です。君の魂をもらいに来ました」


     彼は、真尋が30日以内になんらかの要因で死ぬことになっていることを告げる。そして、心残りを取り除くため、それまでに真尋の願いごとを3つ叶えてくれると言う。ただし、願いごとはささやかなものだけ。誰かを傷つけたり、誰かの感情をコントロールしたり、死を覆すことはできない――。


     真尋は3つの願いごとを考えるため、死神に毎日病室へ来て、自分の話し相手になってくれるよう頼む。ぶっきらぼうな態度とは裏腹に死神はその頼みを受け(しかもこの頼みは3つの願いごとにはカウントされない。ちょっと甘いところのある“死神さん”なのだ)、真尋と死神さんの最期の30日間がスタートする。

    続きを読む