ダ・ヴィンチ - ワラウ

私は他人のトイレを掃除するメイド。DV男から逃れ、社会から見放されたシングルマザーの回想記

2020年7月23日

  • メイドの手帖
    『メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』(ステファニー・ランド:著、村井理子:訳/双葉社)

    「メイド」という職業は、私たち日本人にとってあまりなじみがない。フリルがあしらわれた制服に身を包む、にこやかな女性を思い浮かべる人も多いだろう。だが、アメリカ社会におけるメイドの実情を知ると、印象はガラッと変わる。『メイドの手帖 最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』(ステファニー・ランド:著、村井理子:訳/双葉社)には肉体的・精神的苦痛を強いられながらも、メイドという職を選ばざるを得なかった女性の叫びが克明に記されている。


     作者のステファニーは28歳で妊娠したが、それを知って豹変したパートナーからDVを受け、シングルマザーに。娘と暮らしていくため、メイドになった。ハンバーガーの代金を払うことさえ難しく、低所得者に向けた政府の食料補助プログラム「フードスタンプ」などの支援に頼らないと食べるものにも困ってしまう…。それがステファニーにとっての「日常」だった。


     他人の家(もちろんバスルームやトイレを含む)を掃除しなければならないメイドという職は、私たちが思っている以上に過酷で屈辱的なもの。ガソリン代は支給されず、清掃の遅延も許されない。明日の暮らしを考えれば欠勤などできないため、ステファニーは1日分の摂取量を大幅に上回るイブプロフェンを飲み、体の痛みをごまかして働き続けた。ホームレスシェルターに戻りたくないという想いと、娘にとって安全で事足りる生活をさせてあげたいという願いが、ステファニーを支えていたのだ。


     だが、生活は一向に楽にならない。


    クラシック・クリーン社は私が家をきれいにする時給として二十五ドルを請求していたが、私に入ってくるのはたった九ドルだった。


     税金や経費を引くと、手元に残るのはわずか6ドル。窮状を変えるべく仕事を増やすと、政府からの補助が減らされ、逆に生活が苦しくなるため、身動きが取れなくなってしまった。

    続きを読む