ダ・ヴィンチ - ワラウ

開設第一号は3歳児だった「赤ちゃんポスト」。美談として報じられた裏で、こぼれ落ちた事実を拾い集め見えてきた“真実”とは?

2020年7月25日

  • 『赤ちゃんポストの真実』(森本修代/小学館)

     母親が自宅に3歳の子供を放置したまま旅行して、死亡させるという痛ましい事件があった。このような育児放棄(ネグレクト)だけでなく、親が子供を暴行して殺してしまう虐待死事件などの報道に触れるたびに、いっそ子供を棄ててくれればと思ってしまう。そこで思い浮かべるのは、熊本県にある慈恵病院が設置している「赤ちゃんポスト」だが、開設時に大々的に取り上げていたマスコミは関心を示さなくなり、同病院に続くような施設ができるといった話を聞いたことがない。気になって、地元記者が丹念に取材したという『赤ちゃんポストの真実』(森本修代/小学館)を読んでみたら、自分の単純さに目眩を覚えた。


     慈恵病院では「こうのとりのゆりかご」という名称を用いている「赤ちゃんポスト」の開設前には、新聞各紙がスクープ扱いで報じ、テレビの情報番組でも賛否が激しく論じられた。そして、開設後の第一号が3歳の男児だったことも大きく報じられたものの、私はすっかり忘れていた。本書によれば後日談があって、男児の母親は交通事故で亡くなっており、母親の生命保険金など約6000万円を相続していた。しかし、男児の未成年後見人になった伯父が、それをギャンブルなどで使い果たしたため、報道により「匿名で子供預けられる」と知ると、男児を騙してポストに入れて立ち去った。つまり、その匿名性を犯罪の隠蔽に利用されてしまったのだ。しかも、「赤ちゃん」ではない年齢の子供が預けられるという想定外の事態である。


     件の伯父もそうなのだが、赤ちゃんポストの匿名性について「身分を一切明かす必要がない」というのは大きな誤解だ。赤ちゃんポストに子供が置かれるとナースステーションのブザーが鳴ってランプが点灯し、駆けつけた看護師が保護した後に、警察と児童相談所に連絡するので、「親は捜される」のだ。著者は、実際に子供を預けた母親への取材をしており、その証言によると赤ちゃんポストから立ち去ろうとした背後から病院の職員に声をかけられて驚いたそうだ。そして、病院で子供を抱いた写真を撮ってプリントしてもらい、その写真を「大切な宝物です」と語っている。母親は後に2人の子供をもうけた。預けられた子供は養親のもとで元気に暮らしているという。

    続きを読む