ダ・ヴィンチ - ワラウ

人生にプロレスが“必要”な人がきっといる――現在進行形のプロレスのドラマを描いた『新日学園 内藤哲也物語』完結&刊行!

2020年8月1日

  • 新日本プロレスでカリスマ的な人気を誇るレスラー・内藤哲也を主人公にしたマンガ『新日学園 内藤哲也物語』。内藤選手をはじめとする実在の新日本プロレスの選手や出来事を反映した“学園マンガ”が2年の連載を経て完結、コミックス2巻が発売された。連載中の苦労や読者への思いを、作者の広く。さんに訊いた。



    ひろく● 鳥取県生まれ。2004年マンガ家デビュー。14年、初著書『プ女子百景』が話題に。新日本プロレススマホサイトの待ち受けイラストや公式ファンクラブ会報誌「Team NJPW」のマンガ「ヤングライオン物語」、『有田と週刊プロレスと』(Amazonプライム)のオープニングイラストを手掛ける。WEB連載コラム「DeNAブライアン先生のWe☆Baseball」のイラストも担当。@cohirohiroko


    ――連載を終えられた今の気持ちを教えてください。


    広く。:内藤選手の来た道を、出版物という残るものとして形にできたことが……プロレスを題材にしたマンガの歴史にこのマンガを置くことができたことが、嬉しいです。


    ――かなり大変な連載だったようですね。


    広く。:最後まで描けてよかったです……毎回ふらふらになりながら描いていたので、くたばらなくてよかった(笑)。


    ――どんなところに苦労されましたか?


    広く。:1巻収録のエピソードには内藤選手自身が語っているなど、すでに“物語化”されているものもあるのですが、2巻は現在に近いエピソードなので、語られていないことも多い。物語として構成するのに苦労しました。


    ――毎回8ページという限られたページ数で試合のシーンも描かなくてはいけないのは大変だったのではないかと思います。


    広く。:見返すと、かなりつめつめになっていますよね。技を仕掛けて、相手をたたきつける、と本来2コマ使いたいところを、無理矢理1コマにしたりしていたので、すごく忙しい展開にならざるを得なかった。余韻が出せたらよかったのですが……。プロレスマンガとして、プロレスの部分だけを見ると……50点とかですかね(笑)。そこは力不足を感じながら描いていました。

    続きを読む