ダ・ヴィンチ - ワラウ

目指すは顧客満足度No.1? ベテラン小学校教師が綴る、消えた「熱血教師」と「接客業化」の実態

2020年7月26日

  • 『教師という接客業』(齋藤 浩/草思社)

     新型コロナウイルスでの外出自粛期間中、ネット配信による映画三昧で過ごし、実在の体育教師をモデルにした『スクール・ウォーズ HERO』や、宮沢りえの女優デビュー作『ぼくらの七日間戦争』などを観た。私が小学生だった当時は、学校に箸を持っていくのを忘れると教室の前に正座して給食を食べさせてもらえなかったり、そんな教師に対抗するために級友と協力し教室の扉にバリケードを築いて立て篭もったりしたもんである。中学校時代には缶ジュースを教室に持ち込んだ級友が、教師から血まみれになるまで殴られていたし、後年には神戸市で遅刻しそうな生徒をなんとしても校内に入れさせまいと、教師が校門の門扉で押し潰し殺してしまう女子高生校門圧死事件なんていう悲劇も起こり、教師と生徒との間にはまさしく「戦争」があった。それが今や、『教師という接客業』(齋藤 浩/草思社)なんてタイトルの書籍が出版されるのだから、隔世の感がある。


     公立小学校教諭である著者によれば、「教師が絶対的存在ではなくなった」近年、生徒の保護者からの要望については「とりあえず承る」ことになっているそうだ。例えば、ある保護者からは「宿題が少ないからもっと量を増やしてほしい」と云われ、別の保護者から「なるべく宿題は減らしてほしい」と申し入れがあったら、いったんは双方に「わかりました」と答える。もちろん両立させることなどできないため、「無駄な宿題はなくす方向で、ただどうしても必要な内容は宿題として出していきます」というように、およそ折衷案にもなっていない理屈をひねり出してでも、とにかくサービス業における「顧客の満足度を最優先に考えるという姿勢」を示すのだとか。


     熱血教師が消えた最大の理由として、著者は「誰も教師を助けてくれなくなった」ことを挙げている。ベテラン教員や管理職が事なかれ主義というのなら、それは前時代でも同様だった。変わったのはテクノロジーと、保護者の意識だ。SNSの普及によって保護者同士の連絡が密になり、何か気に入らないことがあれば個人で学校に乗り込んでくるのではなく、SNSで拡散し集団で抗議されることになる。しかも保護者どころか、学校とはなんの関係も無い人々までが抗議に加わり、それらは代表者がいないから協議もできない。そのため「目立たないのが一番です」という空気が支配的になってしまい、教師たちも縮こまざるを得ないのだ。

    続きを読む