ダ・ヴィンチ - ワラウ

元経済ヤクザが指南! コロナ禍では投資家デビューしないことが最大の投資のワケ

2020年7月28日

  • ダークサイド投資術
    『ダークサイド投資術』(猫組長(菅原潮)/講談社)

     新型コロナウイルスの影響で世界中の経済が大打撃を受け、人間でたとえると、致命傷クラスの大出血を起こしている。すぐにでも止血したいところだが、7月16日現在で有効なコロナ対策が「人と人の接触を避ける」ことだけ。言い換えれば消費活動を極力避けている状態なので、ヒト・モノ・カネの血液循環が生まれず、歯がゆい状況が続く。


     このままだと失血死しかねないので、応急処置として世界各国の中央銀行が金をジャブジャブ刷り、自国の企業の株を買い支えている。止血はできなくても大量の輸血をジャブジャブ続けることで失血死を免れようと、苦肉の経済対策を行っているのだ。


     日本もまさしくその状況で、3月に入って日経平均株価は大暴落。3月19日には16552円を記録した。しかしその後は上昇と下落を繰り返し、7月15日現在では22900円台まで回復。株価だけ見ると、まるで日本人が新型コロナウイルスを完全克服したかのような好調ぶりである。この裏では日銀の上場投資信託(ETF)の買い入れが大きく影響しており、ズバリこの株価は実体経済を反映したものではない。


     ところがこの日経平均株価の値動きを目の当たりにして、個人投資家デビューする人が増えている、という報道をチラホラ見かける。たしかにコロナ以前から、日本経済の衰退が徐々に浮き彫りになっており、政府も国民の投資家デビューを絶賛推奨していた。


     しかし株価が実体経済に即していない、新型コロナウイルスという爆弾を抱えた状況下で、大切なお金を投資に回すのはいかがだろう。コロナ関連のニュース次第では簡単に暴落し、すぐさま各国の中央銀行が買い支えで暴騰を引き起こし、現物取引だろうが信用取引だろうが、あなたの大切なお金が焼き尽くされるかもしれない。たとえ今は儲かっていても、コロナ禍において一寸先は真っ暗闇だ。


     投資家デビューを考える人や投資経験が浅い人こそ、「投資をしないことが最大の投資」という考え方もあるのではないか。

    続きを読む