ダ・ヴィンチ - ワラウ

なぜ「ホームレス」は路上生活を続けるのか? 生活保護を選ばない超マイペースな生き様

2020年7月27日

  • 『ホームレス消滅』(村田らむ/幻冬舎)

     突然だが、あなたは「ホームレス」に対してどんな印象を抱いているだろうか? おそらく多くの人は、家を失って孤独に生きている人、あるいは少し怖い人だと思っているのではないだろうか。
     
     そんなホームレス像をぶった切る『ホームレス消滅』(村田らむ/幻冬舎)は、彼らのリアルな生き方や価値観に触れることができるルポルタージュ。こういったテーマだと支援することに目が向けられることが多いが、本書はそれよりも彼らの「現在」に重きを置いている。20年もの間、ホームレスと対等な立場で向き合いながら取材し続けてきた著者は、丁寧に、かつ時にコミカルにその生活を記す。


     日雇い労働者が集まる町であった大阪・西成や東京の山谷のようなドヤ街は、ホームレスの町でもあった。しかし、移り行く時代の中でドヤ街は変化し、2019年にはあいりん総合センターが閉鎖。こうした変化によってホームレスの居場所は少なくなっており、令和になった今、最後の開かれた居場所は“河川敷”になっているという。


     そんな厳しい状況の中で路上生活を続けるホームレスの暮らし方はさまざま。駅舎や道路で寝泊まりをする人がいる一方で、建築業の経験を生かして鍵付きドアがある小屋を河川敷に建て、畑で作物を育てながら超マイペースに暮らしている人もいる。「ホームレス」という一言で彼らの生き様はまとめられないのだ。


     炊き出しの利用や拾い食いはしないと決めている人や生活保護を受けるくらいなら死んだほうがいいと口にする人…。彼らも私たちと同じように、それぞれのプライドや信念を持っている。


     だから、ホームレスと社会復帰をただ結びつけようとすることは、根本的な問題の解決にならない。もちろん、障害のある人や生活保護を受けたい人などには適切な支援の手が伸ばされるべきである。貧困ビジネスのような魔の手から、ホームレスを守ることも必要だろう。実際、2004年度から2009年度の間に東京都で試験的に実施された「ホームレス地域生活移行支援事業」は、彼らの社会復帰に高い効果を上げたという。

    続きを読む