ダ・ヴィンチ - ワラウ

「やれない理由ではなく、やれる理由を探すが大人の仕事」青学・原監督流リーダーシップ論/改革する思考こそが、日本を変えられる②

2020年7月29日

  •  大学駅伝3冠、箱根駅伝4連覇など、陸上競技の指導者として、数々の偉業を成し遂げてきた青山学院大学の原晋監督。同氏が異端児と言われながらも貫き通してきたリーダーシップ論を語る。ポストコロナの時代に求められるものとは。


    改革する思考
    『改革する思考』(原晋/KADOKAWA)

    「新しい生活様式」という言葉に代表されるように、日本はこれまで培ってきた社会生活環境が一変してしまうほどの国難に遭遇してしまったのです。おそらく、終戦以来の国難ではないでしょうか。


     当初は「できることはある」と考え、行動していた私ですが、こうなると状況に合わせた対策が必要になってきます。実際、4月になると、他の大学では学生を故郷に帰したという情報が耳に届くようになってきます。


     私には、なにができるのか?


     わが部では、学生やスタッフを合わせ60名近くが活動しています。この国難の時期にあって、私が最初に考えたテーマは、次のようなものでした。


    『「安心・安全」と「夢・チャレンジ」という、相反するふたつの要素を両立できるだろうか?』


     どうやったら相反するテーマが両立できるのか。難しい課題でした。判断を下すにあたっては、あらゆる情報を仕入れて、決断、判断することが求められました。


     まず私は、テーマを実現するために必要なコンセプトはなんだろう? と考えることにしました。


     必須のキーワードは「命を守る行動」。これは絶対に外せません。しかし命を守ることだけを考えると、すべての活動に対し「自粛ありき」の発想になってしまいます。実際、当時のテレビからは新型コロナウイルスの感染力の強さと、感染した場合のリスクの大きさが報道され、海外からはショッキングな映像、情報が流れていました。


     しかし、私には疑問も湧いていました。


     果たして、国内の感染の広がりと海外を同一と考えていいものなのか? 「2週間後、東京はニューヨークのようになる」という恐ろしい情報がアメリカから発信されていたけれど、それを鵜呑みにしていいものなのか。

    続きを読む